仕組みは至ってシンプル

Tinderは全てが本当にシンプルで非常に使いやすい仕様になっています。説明書などはいりません。まず、Tinderには登録するとあなたのいる場所の近くの異性が順に画面に表示されます。男性なら女性の写真が、女性なら男性の写真です。今までの出会い系のように紛らわしくめんどくさい設定はなく、アプリを起動したらもう画面に異性の写真が表示されるだけです。そして、写真を見ていく中で二つの選択肢があります。選択肢は画面にいちいち表示されませんが、単純に左にスワイプするとその異性には興味なし(No)、逆に右にスワイプするとその異性に興味あり(Like)、というだけの簡単なシステム。そしてお互いがマッチするという形です。

Likeをしても相手には表示されない仕組み

Tinderのすごいところが、もしあなたが誰か魅力的な異性を右にスワイプ(Like)をしたとしても、実は相手には通知されないのです。おそらくたくさんのTinderユーザーが知らない仕組みの一つとしてこれがあると思います。これによって何のメリットがあるかというと、何人にLikeをしても相手にはバレないし、気軽にLikeを押せることです。出会い系のように重たく真剣に考えなくても、道で会った人に挨拶をする程度のように捉えてください。あなたがLikeをした異性がLikeをもらったと気づくときは相手もあなたLikeをした時です。なんか運命を感じませんか?片方のLikeではマッチせず、お互いがいいなと思って初めてマッチングできます。

マッチして初めてメッセージの交換ができる

お互いがLikeをして、マッチング完了して初めてメッセージができます。言い換えれば、マッチンングしていない異性にメッサージを送ることはできません。あなたがLikeをした異性があなたにもLikeをした時点でマッチングとして、右上のアイコンに通知されます。そこをタップして相手を確認し、メッセージを送ることができます。しばらく、お互いメッサージのやり取りをしたら次はは会う予定を立てます。Tinder内で会う予定を組む人もいれば、そこからLINEなどを交換して会う詳細を決める場合もあります。それは人によりますが、基本的にはこの流れで実際に会います。 非常に良くできた使いやすいデーティングアプリのTinder。この使いやすやが人気の秘密かもしれません。ちなみに私は始めてから最初の1ヶ月で6人ぐらいと女性とマッチングしました。すべて外国人の女性です。Tinderは今までの出会い系サイトのような方苦しさがなく良い意味でカジュアルに出会いも求めれるところがポイントです。]]>