出会いアプリ「ハッピーメール」にはもう長年お世話になりっぱなしである。スマホではなくガラケー時代から利用させてもらっていてこの「ハッピーメール」を通じて余裕で100人以上の女と出会ってきた。ここ最近になって累計登録数が2000万人を突破したらしいが、ガチで出会えるからこそ登録する男女がどんどん増え続けるのだろう。おれは長年この「ハッピーメール」を使っていろんな女とセックスをしてきた。そのノウハウを一切誇張なしで包み隠さずに伝授していこうと思う。いま流行りの「ペアーズ」や「タップル誕生」などのマッチングアプリでもセフレを作ることは可能だがやはり出会いアプリ「ハッピーメール」の方が簡単にセフレを作ることができる。なぜならマッチングアプリより婚活、恋活目的ではなく軽い遊び目的や寂しさを紛らわすために利用してる女が多いのだ。

  • とにかく彼女とか結婚とかじゃなくてセフレが欲しい!
  • 「ハッピーメール」や他のアプリを使ってるけどあんまり思うように上手くいかない・・・。
  • アプリやLINEでのやり取りで詰まってしまって実際に会うとこまでなかなかいかない・・・。
  • マッチングアプリをやってみたけどあまり思ったような相手に出会えなかった・・・。

上記に該当するなら少しの間おれに付き合ってみてくれ。絶対に損はさせない。

そもそも「ハッピーメール」とは?

「セフレを一刻も早く作りたい!」という焦る気持ちもわかるがまずはその前に「ハッピーメール」についてどんなアプリなのか簡単に解説していこう。もう利用してるのであればこの項は飛ばしてもらってもかまわないが重要なところだからこれから「ハッピーメール」の登録を考えてるやつは必ずチェックしていってくれ。

「ハッピーメール」を使って効率もコスパもよくセフレを作るにはまず「ハッピーメール」について知る必要がある。冒頭で簡単に触れたが「ハッピーメール」はいま若者の間で流行ってるマッチングアプリというジャンルのモノではない。出会いアプリなのだ。何が大きく違うかと言うと2点になる。「料金体系がポイント制」ということと「あまりガチで婚活してない軽い子が多い」という2点だ。

「料金体系がポイント制 」というのは、マッチングアプリの月額制の料金を払えばほとんどの機能を使えるようになるシステムに比べて、「ハッピーメール」は女性会員のプロフィールを見たり、メッセージを送る際にポイントが必要になるのだ。考えようによっては「え、それじゃけっこう課金しなきゃ出会うこと無理じゃね?」と思うやつもいるかもしれないがそうではない。アプリ内で5~6ラリーほどでLINEやらカカオトークに移行すればマッチングアプリよりもコスパ良く使うことも可能なのだ。料金とポイントに関しては後述するとしよう。

そして「あまりガチで婚活してない軽い子が多い」について。この記事のタイトルからもわかる通り、「ハッピーメール」はセフレを作るにはまさにもってこいのアプリになる。本気で彼女を作ってディズニーシーに行ったり、そろそろ結婚を考えて相手を見つけたいのであればこの「ハッピーメール」じゃなくマッチンアプリを使った方がいいだろう。累計登録数が2000万人という驚愕の数字からもわかる通り、この「ハッピーメール」をやってる男女はかなりの数になる。いま一番人気のあるマッチングアプリの「ペアーズ」でさえ最近ようやく1000万人を超えたが余裕でその倍の人数が利用しているのだ。これは使わない手はない。そしてマッチングアプリより「ハッピーメール」の方が匿名性が高いので遊び目的や、彼氏とか旦那がいるにも関わらず刺激を求めて登録してる女が多いのだ。おれは実際に「ハッピーメール」を通して人妻を何人もセフレ化したことがあるし、彼氏と同棲してる女で彼氏が出張前になるとおれに必ずLINEしてくる子もいる。おれはマッチングアプリも利用して女と会うこともあるが、なかなかこの類の女には出会ったことがない。やはりセフレを作るには「ハッピーメール」は最適のアプリなのだ。

「ハッピーメール」の料金

「ハッピーメール」は女性会員は全てのサービスを無料で使えるところはマッチングアプリと変わらないのだが、男性会員は月額制の料金を一律で払うのではなくポイントを購入してそのポイントで女のプロフィールの詳細を見たり、メッセージをしたりする。登録時に無料ポイントがあるから最初のアポまでは特に課金する必要なく使うことができるだろう。ポイントが無くなればアプリからログインすれば1日1ポイントもらえるから毎日ログインしてくれ。1日1ポイントでも一カ月続ければ30ポイントになるからこれを侮ってはいけない。ポイントが無くなって購入する場合は600円(60ポイント)から追加することができる。ポイントがかかる機能については以下になる。

掲示板の閲覧1ポイント
掲示板画像の閲覧2ポイント
プロフィール画像の閲覧2ポイント
プロフィール動画の閲覧5ポイント
メール添付画像の閲覧2ポイント
メール添付動画の閲覧5ポイント
似顔絵画像の閲覧2ポイント
フォトアルバムの閲覧1ポイント
ムービーアルバムの閲覧3ポイント
掲示板投稿5ポイント(各ジャンル24時間ごとに1回無料)
掲示板登校時の音声添付3ポイント
メッセージの送信5ポイント
メッセージに画像・動画の添付3ポイント
スタンプの送信5ポイント
いいね!1ポイント
タイプ2ポイント
音声プロフィール再生3ポイント
掲示板/メールの音声再生3ポイント
音声送信/返信3ポイント
転送電話受信3ポイント(15秒)
転送電話発信3ポイント(15秒)
ボイスチャット3ポイント(15秒)

いろいろとサービスがあるが基本的にポイントを消費して使うのは画像の閲覧と、メッセージといいね!、タイプくらいで十分だ。おれは長年コンスタントに「ハッピーメール」経由でセフレを作ってきたがボイスチャットやアプリ内での電話などしたことがない。そんなものはポイントの無駄になるから使わなくて大丈夫だ。

「ハッピーメール」でセフレを作るための3つの攻略法

では「ハッピーメール」がどれだけセフレを作るのに向いてるアプリか理解してもらったところで早速セフレを作るための攻略法を伝授していこう。「ハッピーメール」を使ってセフレを作る方法は3つある。

  • プロフ検索から「ログイン順」「会員登録順」の両方から軽そうな子を探す
  • プロフィールをしっかり作り他の男性会員と差別化を図る
  • 「掲示板」を無料で使いこなす

この3つの方法を駆使すればセフレは作れる。ではそれぞれ順々に解説していこう。

プロフ検索から「ログイン順」「会員登録順」の両方から軽そうな子を探す

まずはこれは初級編といっていいほど基本の攻略法になる。単純に女の顔写真とプロフィールを見て直接アタックするのだ。アプリを開くと左下に「プロフ検索」という項目がある。そこを開くと女の顔写真の一覧がずらっと並んで表示される。

初期設定の状態だとなにも絞られないので次は上部にある虫眼鏡マークのところをタップしてくれ。

そうするとこの画面になり、「年齢」、「居住地」、「身長」、「スタイル」、「ルックス」、「職業」、「画像」、「動画」の項目を自分の好きなタイプを選ぶことができる。下の「さらにこだわる」ってところをタップするとその他にも「お相手の好みの年齢」、「お相手の好みのスタイル」、「子供の有無」「タバコ」「クルマ」「血液型」、「星座」、「使用端末」など細かく絞って選ぶことができるがここまで絞る必要はない。

選ぶべき項目は、自分のタイプの「年齢」、そして自分の活動エリアの「居住地」、そして「画像」をプロフ画像ありにすることを忘れないでくれ。画像なしでも可愛い子はいるがかなり確率は低い。せっかくアプリ内でメッセージを重ねてLINEに移行してこれからアポをとるって時に顔写真を送られてきてデブスだった時は今まで費やしてきた時間もポイントも全て無駄になってしまう・・・。

この女はたぶんいろんな男にブロックされ慣れてるんだろう。おれが既読スルーして1分ほどで画像だけを消去していた。どんだけアプリで盛られてるような写真でも。プリクラでもはや原型がないような写真でも絶対にプロフ画像があるやつを狙うのだ。ぽっちゃりが好みのやつは良いが、太ってる女は無理なら「スタイル」も選択しておこう。

ここの右側の項目を「ナイスバディー」にチェックするのだ。「がっちり」や「ややぽっちゃり」を自分で選択する女は学生時代にクラスに2,3人は必ずいたデブがほとんどだ。そして「ぽっちゃり」を選ぶ女は100キロ級のデブクラスになる。これはおれの統計上でもそうだし、おれと同じく札幌で活動しているネットナンパ師も同じようなことを言っていた。そしてこれらを選択し終わればまた「プロフ検索」の画面に戻り次は右上の人マークをタップしてくれ。タップすると「ログイン順」、「会員登録順」、「距離が近い順」と3つの項目を選択できる。

ここでまずチェックするのは「ログイン順」になる。リアルタイムで反映されるので、ログインしてる子の方が返信確率が高いのは当然だ。そしてもう一つおすすめなのが「会員登録順」の項目になる。これで検索すると、まだ「ハッピーメール」に登録して1週間以内の間もない女性会員たちが一覧表示される。まだ会員になって間もないから他の男性会員からのアプローチも少ないから狙い目なのだ。「距離が近い順」は使わなくていい。

この「ログイン順」と「会員登録順」でいい感じの女を発見してもまだメッセージを送るのは早い。まずいいね!を押すのだ。そしていいね!を押した女からいいね!を返されたタイミングで初めてメッセージを送ってくれ。気になる子に片っ端にメッセージを送れば1メッセージが5ポイントなのでかなりポイントを消費してしまう。いいね!であれば1回で1ポイントの消費で済むのでかなりポイントを節約することができる。女がいいね!を返してくれるってことは自分のことを多少は気になってくれてるし、ちゃんとしたアクティブユーザーってことがわかるのでここは必ず徹底してほしい。

プロフィールをしっかり作り他の男性会員と差別化を図る

ここをおそそかにしているやつが多すぎる。「ハッピーメール」は男性会員でも女性会員だけじゃなく男性会員を検索することができる。

いいね!やメッセージの返信率が悪いのであればここを改善する必要がある。男が女を検索する時に注目するのはずばり「顔写真」になる。あまり自己PR文とかまでじっくり見るやつの方が少数派だろう。ただ一方で、女が男に返信するかどうか、自分からメッセージやいいね!を送るのはまず「顔写真」を見るのは変わりない。ただそれだけでは女のチェックは終わらない。自己PR文までしっかり読んでからいいね!を返したり、返信したり自分からメッセージをするのか決めるのだ。なので少しでも返信率を上げたいのであれば他の男性会員がほとんどちゃんと書くことのない自己PR文を書く必要がある。実際に男性会員のプロフィールを何人か見たので悪い例と丸パクリOKの例文を後述するのでチェックしてくれ。

とはいっても一番大事なものは「プロフィール写真」に決まってる。君が中学生から彼女がいるようなイケメンであれば顔バレなんてものは恐れるな。イケてる写真を2、3枚載せておこう。ただおれのように顔だけで刺せないヤツの方多いだろう。おれは横顔がかなり良い感じに撮れた写真を雰囲気イケメンになるように写真加工アプリでぼかしたものを一枚、あとはスーツ姿でこちらも顔も雰囲気イケメンになるような写真の2枚を掲載している。女は「スーツ好き」がかなり多いからスーツ姿を載せるのはおすすめだ。私服姿を載せるのであればあまり個性を主張しすぎてない服の方がいい。間違っても、尖がってる靴系ファッションや菅田将暉が着て初めて成立するような服なんか着てそれをアップするんじゃないぞ。むしろユニクロとかGUとかで売ってるシンプルなものの方が全然いい。これも男性会員のプロフィールを見てたら驚いたのだが、「写真はは何回かやりとりさせてもらってから送ります」みたいなやつが何人かいたがあいつらは紛れもなくアホ野郎だ。どんだけの機会損失をしてるかわかってない。女は男と違って可愛い写真を1枚載せれば、それはもう次から次へといろんな男からアプローチされる。だからそんなわざわざ「この人ちょっと気になるなー、ちょっとメッセージ送ってみよ!」なんてなるわけがない。とにかく自分のポテンシャルがマックスまで引き上げられてる写真を撮って、それをさらに良い感じにバレない程度に加工するのだ。

では自己紹PRの続きを解説していこう。まずは実際の「ハッピーメール」で見つけてきた絶対にやってはいけない悪い例から紹介しよう。

自己PR文(悪い例①)
みんなよろしくね~
いろんな人と繋がりたくて始めました~
とりあえず飲もうぜ~

これはバカ丸出しすぎる。よっぽどのイケメンでもぎりぎり成立しないレベルの自己PR文だ。

自己PR文(悪い例②)
フィーリングが合えば年の差なんてきにしません!

この男性会員の年齢は20代後半で、「相手に求める条件」が20代前半~30代後半になっていた。これはどちらの層に刺さるような意図を狙ってるのかと思うが正直これじゃ足りない。せめて前文で「いままでに年下の方とも、年上の方とも交際経験があります。」くらいいれておかないとこんな1行じゃ何を言いたいのかあまり女に伝わらないだろう。そもそも30代以上の女を狙うのであれば、年上だけに刺さるようにプロフィールにしなければなかなか刺さらない。

自己PR文(悪い例②)
札幌住みです!
スポーツ好きなので趣味合う方は一緒に観戦とかしたいです!

これは今までの中で一番いいが、おれから言わせたらちょっともったいない。「スポーツ好き」というのは女からしたら好印象であることは間違いない。ただ目的がスポーツ観戦メインのような文だと、かなり対象の子が少なくなってしまう。「スポーツ観戦行きたい!」ってなる子もいるのだが、それなら「飲み行くことやご飯にいくことが好き」って部分も合わせていれるだけで対象の子は何倍も広がる。

ほかにも「よろしくね(^^)」、「よかったら仲良くしてね!」、「よろしくお願いします!」だけのやつがめちゃくちゃ多い。だからこそここを最初に設定しておくことで他の男性会員と差別化を図ることができるのだ。

自己PR文(良い例)
札幌で公務員をやっています。
職場では「モテそう」とか「彼女いそう」とか言われるんですけど、そもそも出会いがないので、勢いで登録しちゃいました!
飲みにいくのが好きなので仲良くなったら一緒に飲みいきましょう!

あくまで例文に過ぎないが、女に伝えるメッセージとしては「誠実さ」「この人モテるんだー」ってこと。女はモテる男が好きな習性があるからここを匂わすことはけっこう大事な要素になる。女性会員がプロフィール写真を見て、自己PR文を読んで「この人ちょっと会ってみたいかも・・・」「この人そんな変な人ではなさそう・・・」って思わせればいいのだ。自分は足跡だけつけて女からいいね!やタイプ、メッセージがきたらそれは君のプロフィールが刺さった証拠だ。3~5ラリーくらいでLINEに移行することができるだろう。

「掲示板」をうまく使いこなす

最後の攻略法は「掲示板」をうまく使いこなすことだ。「ハッピーメール」の掲示板には「ピュア掲示板」と「その他掲示板」の2種類のものがあるのだが、利用するのは「ピュア掲示板」になる。「その他掲示板」ははっきり言うとアダルト掲示板で援交や手コキでさっくり抜いたり車の中でフェラヌキしてもらうのに使うところでデリヘル業者がわんさかといる。うまく使いこなせばここも使えるのだが最初は難しいからここは無視してくれて構わない。

そしてこの「ピュア掲示板」で女を探すのではなく、自分が投稿して女からの何らかのアクションが来るのを待つのだ。タイミングがばっちり合えば投稿してる女にメッセージを送って会うことができるのだが、これだとライバルも多いから時間もポイントもけっこう無駄にしてしまう確率のほうが高い。だから自分で投稿するのだ。「飲み行く予定の人にブッチされたので今日飲める人いませんかー?」、「今週末暇な人いたら飲みいきましょう!」とか程度でいい。この「掲示板」の投稿は1日1回まで無料で使えるから何人かの女とメッセージのやり取りをするまでは毎日投稿するのだ。

そしてその投稿を見た女からの「足跡」、「いいね!」、「タイプ」、「メッセージ」のなんらかのアクションがくるのを待つのだ。足跡だけの子にメッセージを送っても返ってくる可能性は低いのでとりあえず「いいね!」だけ。その他の「いいね!」、「タイプ」、「メッセージ」がきたらすかさずメッセージを送ろう。女から「いいね!」以上のアクションだと返信率はかなり上がるしLINE移行までのハードルもそんなに高くはない。

攻略法を伝授したところで最後にもうひとつ大事なポイントを伝えておこう。マッチングアプリではなく「ハッピーメール」のような出会い系アプリを利用してる女に「LINE聞いてもい?」とアプリ内で聞くと「LINEじゃなくてカカオならいいよー」って言ってくる子がめちゃくちゃ多い。この後ハッピーメールで出会った女とのやり取りのスクショを公開するがそいつもカカオを教えてきた。「ハッピーメール」を使ってセフレを量産したいのであれば「カカオトーク」は必須のアプリになる。絶対にインストールしておいてくれ。

【スクショ公開】LINE~アポまでの流れ

上述してるように、プロフィールをしっかり完成させてプロフィール一覧から探しつつ、「掲示板」を使って女からのアクションを待っていれば女とメッセージをするところまでは時間の問題だ。ではメッセージのやり取りから実際に会うところまでの流れを実際におれが「ハッピーメール」で出会った女とのスクショを公開しながら解説していこう。

アプリ内でのやり取り(28歳広告代理店勤務の女)

この女性は、プロフィール写真が気になったのでとりあえず「いいね!」を送って様子を見ていたのだが5分後くらいに「いいね!」を返してくれたのですかさずメッセージを送った。自己紹介文で北海道と東京を行き来してると書いてたので今札幌にいるかどうか聞いたところで若干嚙み合わない部分もあったがそれでもおれが送ったメッセージは4通のみになる。「いいね!」のポイント消費も合わせて21ポイント、つまり210円でカカオのIDをゲットしたってことになる。

カカオでのやり取り(28歳広告代理店勤務の女)

まずアポ前のカカオ(LINE)でのやり取りで必ずやってほしいことがひとつだけある。それは「敬語を取っ払う」ことだ。このスクショからもわかる通りおれが「敬語を取っ払う」方法はだいたいこのやり方になる。

  1. 漢字での表記ならまず名前を確認する。「名前、〇〇ちゃんですか?」
  2. ここで言うセリフはこのままテンプレでOK。「仲良くなりたいからこのタイミングで敬語やめましょう笑」
  3. そして返信来る前にここからはタメ口で、呼び捨てかちゃん付けのどちらがいいのかを確認する。「〇〇と〇〇ちゃんならどっちがいい?」

この流れであればかなり最初の段階で「敬語を取っ払う」ことができる。せっかくカカオ(LINE)でのやり取りが始まってもずっと敬語であれば続ければ続けるほど「敬語を取っ払う」タイミングが難しくなってくる。だから特に深いことは考えずに最初の段階でこのテンプレを使ってまず敬語を取っ払ってしまおう。

アポでの立ち回り方

アポの日程を決めればあとは当日の試合運びだ。順を追って解説していこう。慣れたら自分のルーティンにハメるだけだ。試行回数を重ねれば重ねるほど成功率が上がっていくからどんどん実践してみてくれ。「待ち合わせ場所~店までの移動中」、「店の中」、「店~ホテルor自宅」までの3ブロックに分けて解説していく。

待ち合わせ場所~店までの立ち回り方

いよいよアポ当日。ゴールま目の前だ。まずは事前に決めていた待ち合わせ場所まで向かうと思うのだが、試合は「待ち合わせ場所」からもう始まる。せっかくアプリ内でメッセージのやり取りをして、LINEなりカカオなりに移行してアポの日程を決めたのに、ノープランで待ち合わせ場所に行くのはやめてくれ。待ち合わせ場所~予約してる店まで行くまでの時間も二人の距離を詰める大事な時間なのだ。

まずやめて欲しいのが、「時間より5分以上前に女よりも先に着くこと」だ。どんだけアポの当日がくるのを心待ちにしていたとしても、そこまで楽しみにしてた感を相手に伝えてしまったらこちらがマウントを取りにくくなってしまう。そしてだいたいの女は時間通りではなくちょっと遅れてくる。「ごめん、仕事でちょっと遅れる」くらい言っといて待ち合わせ時間に5~10分ほど遅れるくらいの方が「この人、仕事が忙しいのにわたしのために時間つくってくれたんだ」って良い方に解釈してくれる。だから「忙しいのにお前のために時間作ってあげたわ」くらいのマインドで望めばちょうどいいのだ。

そして待ち合わせた後に大事なのは「ツカミ」だ。これはまず相手に「え、この人なかなかギャグ専高いんだけどwww」くらい思わせといたほうがあとあとの試合運びがしやすくなるからここも必ず頭に入れておいてくれ。ファーストインプレッションはガチで大事だし、男慣れしてる女だって連絡しかとったことのない男と初めて会う時は多少の緊張をしている。だから、まず軽めの「ボケ」でなごますのだ。別に毎回その女に合わせたボケをアドリブで繰り出さなくてもいい。おすすめは近くにいる様子のおかしい人をいじる方法だ。

「(あらかじめ季節感のない服装の人を探しておいて)てか、あの人季節間違ってない?笑」

「〇〇ちゃんさ、写真盛るのめっちゃ下手だね?実物の方がいいもん!スノウっていう最新のアプリあんだけど教えてあげっか?笑」

「(あらかじめ酔っ払いとか様子がちょっとおかしい人を探しておいて)あの人、〇〇の友達?笑」

とかこんな感じで全然十分だ。別に大爆笑をかっさらう必要なんてない。まず余裕の態度を示して場を和ませればいいだけだ。「この人話ししやすいwww」「この人おもしろいんだけどwww」くらい思わせて笑顔を引き出せれば合格ラインになる。そして注意してほしいのが待ち合わせ場所から予約していた店までの距離だ。10分くらいかかるのは論外だが、ちょうどいいのは「5分間」になる。ちゃんと信号とかエレベーターに乗る時間も込みでの「5分間」がベストだ。この「5分間」の間にある程度和むことができれば乾杯してからの距離の詰め方が全然変わってくる。そもそもメッセージのやり取りをしていてまだこの時点で敬語を取っ払ってなかったらかなり地獄の時間が流れる。「お酒を飲めばテンションでなんとかなるっしょ!」と安易に考えてるのであれば今すぐ、次のアポからその考えは改めてくれ。

店内での立ち回り方

大事な待ち合わせ場所から店までの「5分間」の次はアポだ。だいたいの男はここからの試合運びを考えてるからもう周りの男からは1歩リードしている。そしてアポの店なのだが、待ち合わせ場所から歩いて5分ってところ意外にも大事なポイントが2つある。「女と隣同士で座れる店」であることと、「店からゴール(ラブホor自宅)までの距離がが近い」ってことの2つだ。そんなものめんどくさいとここを怠ってはいけない。正直、ここに書いてる方法を使って「ハッピーメール」を利用すればアポまでなんて週に2,3回くらいは余裕で入れられる。だからとって毎回女の好みに合わせて違う店をホットペッパーや食べログで選んでいては、時間も労力はもったいないだけだ。自分の中で新規の女とのアポ用の店を2軒だけあらかじめ用意しとけばいい。アポの日程さえ決まればあとはこれを送りつけてくれ。

「焼肉と普通の居酒屋ならどっちの気分?」

別に焼肉である必要はないが、「普通の居酒屋」ともうひとつ提示する店は、牡蠣、焼き鳥、おでん、中華とかジャンルは別になんでもいい。重要なのは2択の選択肢を女に提示することだ。2択の選択肢を与えると女はだいたいどちらかを嬉しそうに選んでくれる。

「んー、焼肉最近行ってないから焼肉がいいかも^^」

「んー、普通の居酒屋さんがいいかな!」

だいたいこうかえってくる。まれに「えー、海鮮系がよかったー」とかこちらが提示してないものを言ってくる女がいる。二択を迫られてるにも関わらず自分の意見を主張してくる女は高飛車なやつが多いし、男に奢られ慣れてるやつが多いから最初のうちはそこで即ブロックしてもかまわない。セックスするまでに金も時間もけっこう費やすことになる可能性が高い。何度だって言うがこの一連の攻略法を使えばセフレなんていくらでも使える。時間は有限だから自分が大事なものを優先して女には媚びずに堂々と振る舞ってくれればそれでいい。そしてこの自分の新規女のアポ用の2店舗を選ぶには先ほどの絶対ルールの「女と隣同士で座れる店」であることと、「店からゴール(ラブホor自宅)までの距離がが近い」を厳守してほしい。

まずは、「女と隣同士で座れる店」についてから解説していこう。

よく最初のアポの時に対面で座る店をチョイスする男がいるがそれははっきり言って悪手だ。それならカウンターで隣同士座った方がよっぽどいい。欲を言えば個室でなおかつL字の席か隣同士になれる席だ。でもとりあえずは個室ではなくても隣同士に座れる店であればいい。隣同士であれば単純に物理的距離が近いから自然に肩やヒジ、足がぶつかることがある。最初は自然に何度か体を当てていき、どんどんスキンシップのレベルを上げていきやすいのだ。どんなに会話で盛り上げてもスキンシップが全くないとその日にホテルや自宅に連れ込むのは正直おれでも難しい。それほどスキンシップは大事なのだ。だからまず店を選ぶ際は、個室のL字の席かカップルシートをチョイスしてくれ。

そして二つ目のポイントの「店からゴール(ラブホor自宅)までの距離がが近い」について。

女と二人っきりで酒を飲むことをゴールにしているのであれば別にいいが、おれたちが狙ってるゴールはもうちょっと先だ。女とセックスをして、その上で気に入った子がいればセックスフレンドとしての関係を築いていくことが目的になる。だから、店からゴール(ラブホor自宅)までの距離は近ければ近いほどいい。待ち合わせ場所のブロックでも説明したが、店から自宅かホテルが「5分間」くらいであればベストだ。だから待ち合わせ場所、アポ用の店、ゴール(ラブホor自宅)のトライアングルはなるべく小さくなるように心がけてくれ。例えば店から自宅までの距離が近いと、「まだ時間大丈夫?うち近いしお土産でもらった梅酒あるから一緒にあけない?」「最近スイッチ買ったからちょっとスマブラ対戦しよ!」とか言えば女も男の家に行く理由ができる。

この二つのポイントをしっかり守って事前に2店舗、焼肉や牡蠣や中華や焼き鳥などの特化型の店、なんでもある普通の居酒屋をチョイスしておいてくれ。では店での立ち回り方についても解説していこう。

待ち合わせからアポ用の店までの「5分間」で軽く打ち解けて、冗談が言える関係が構築されていればあとは聞き手になって女の話しを聞けばいいだけだ。最初に場を和ませてさえしておけば店の中で頑張ってぼけたり面白エピソードトークを披露する必要なんて全くない。女の恋愛遍歴や仕事の話しを引き出して、優しく否定せずに共感しながら聞いてあげればいいだけなのだ。女は基本的にオチがない話しでも誰かに聞いてほしい生き物だ。「前どんな彼氏と付き合ってたの?」「仕事いま何年目?」くらいの質問を投げかければあとは延々と勝手にしゃべり続けてくれる。それに共感すればいいだけだから正直、待ち合わせから店までに来るくらいの頑張りは必要ない。

ある程度、女の話しに優しく耳を傾けていると勝手に「面白いし、優しい大人の男性」っていう印象が植え付けられるようになる。ここからちょっとずつスキンシップのレベルを上げていくのだ。ひるまなくてもいい。堂々とした態度でのぞんでくれ。

「爪きれいだね!これ何時間くらいかかんの?」

「おれ手相見れるんだよね。見して!すげー、〇〇ちゃん寿命あと120年くらいあるわ」

とか言いながら手を触るのだ。そこで嫌がる素ぶりが無ければまだまだ攻め続ける。

「彼氏と手握りたい派?左と右ならどっち?」

今度は触るのではなく手を握るのだ。ここでも嫌がる気配すらなく乗ってきたらまだ攻めていい。彼女の目をゆっくり見つめてこう言うのだ。

「〇〇ちゃん目きれいだね」

「近くで見た方が可愛い」

半分冗談、半分本気みたいな感じで女の食いつき度を測定するのだ。そしてちょっとずつ顔を限界まで近づけて、この時点で完全に食いついていたらキスまでいける。

「いや、ちょっと待って!恥ずかしいんだけど笑」

みたいに逃げられても本当に照れてるだけの可能性も考えられるから全然問題ない。ここまで出来たらもう店を出てもいいタイミングだ。会計をして店を出たらすぐに女の手を握るのだ。店の中ですら手を繋ぐフェーズまで進めることができなかったら1杯くらい軽く飲める2軒目を挟もう。

店~ホテル(自宅)までの立ち回り方

ここまできたらゴールは目の前だ。店を出てからまず手を握ってあとは自信を持って自宅かホテルに誘うだけだ。自宅に誘う場合はさきほども解説したように「switch」や「お土産の梅酒」などの女が男の家に行きたくなる理由を用意したほうが確率は上がる。おれは普段ゲームは全くしないし、梅酒なんて飲まないが女を連れ込むためにどちらも常備してある。自宅に誘う場合はこの何か理由を元に誘えばいいが、ホテルに行く場合は、女の目を見てこう言うだけだ。

「ふたりだけになりたいからふたりっきりになれるとこに行こ?」

食いつき度が高ければそのままついてくるし、食いつき度が高いにも関わらず最後の抵抗をしてくる子もいる。

「まだ会ったばっかだし・・・」

これはかなりの女が言うからもうこのセリフをセットで覚えといてくれ。

「そっか。じゃあさ、その辺のおじさんとかでも3,4回とか会ったらイチャイチャしたりする?しなくない?おれと今日一緒にいた時間が楽しかったなー、って思ってくれたなら今日はおれと一緒にいて。おれは勇気出して素直になってるんだから、〇〇ちゃんにも素直になってほしい。」

これを噛まずに自信満々で言えばだいたいの女はついてきます。もちろんここまでくるまでに食いついかせてることが前提だが、この一連の流れを是非実践してみてくれ。最初はどこかでつまずくこともあるかもしれない。ただ、何回かアポを重ねるうちに自分なりのルーティンが研ぎ澄まされていくし、単純に女慣れもしていきその日にセックスする確率は実践すればするほど上がっていく。そして今までの自分では相手してもらえなかったレベルの女にもひるまずに口説ける自信も身につけれる。最後はいつだって、勇気と自信を持って「抱きたい」ってことを目の前の女に伝えればいいのだ。

まとめ

これが包み隠さずに「ハッピーメール」でセフレを作る方法になる。ここまで読んでくれてありがとう。これはおれがいろんな失敗や成功体験を重ねてできた集大成になる。少しでも何らかしらのヒントになってくれてたら嬉しい。ただ今回のこの記事を読んだだけで満足することだけはやめてくれ。いくらセフレを作るノウハウを覚えても実践しなくては何の意味もない。ここに書いてる通りに実践してくれたらセフレの2人や3人くらいなら余裕で作れる。これは間違いない。今やマッチングアプリを使う女も増えてきたがまだまだ出会い系アプリも使える。むしろセフレを作るのであれば「ハッピーメール」のような出会い系アプリの方が効率もコスパも良い。おれは今は手持ちのセフレが3人いるから新規開拓はストップしているが、手持ちのセフレで地下鉄の隣の駅に住んでる徒歩圏内でいつでも呼んだらおれの家にホイホイ来るセフレはここに書いた方法で「ハッピーメール」で作った女だ。なにも羨ましがる必要なんてない。だまされたと思ってもいいからここに書いてる通り実践してくれればもうセックスに困ることなんてない。君の健闘を祈ってる。

出会い系サイト&アプリランキング!

やりたい奴ら集まれ!出会い系サイト&アプリ歴5年の現役ネトナン師が選ぶ、本当に出会える出会い系ランキング。

おすすめの記事