世界だけではなく日本でも人気のSNS「Facebook」。全世界で10億人以上もの人間が使ってるというから驚きだ。このFacebookは主に友人や会社の同僚などと繋がって写真や動画などを共有して楽しむSNSになるのだが、このシステムを使ってナンパしようって考える男は多いだろう。実際におれもこのFacebookナンパを実践したことがある。正直ネットナンパの中だとかなりハードルが高い部分があるがひとつずつステップを踏んでいけばFacebookで知り合った女とセフレ関係になることはできる。そこで今回はFacebookナンパの方法と合わせて、Facebookナンパよりも簡単に効率的にセフレを作るマル秘テクを徹底的に解説していくからチェックしてくれ。

Facebookナンパの方法

Facebookナンパするにはまず準備が必要になる。怪しいアカウントだとFacebook上でも絡むことはできないからまずは怪しくないプロフィールを作成するところから始めなければならない。そしてタイムラインを充実させてからようやく女性に対してアプローチができる準備が揃う。ではまずプロフィールについてから解説していこう。

まずは怪しくないプロフィールを作る

Facebookのプロフィールを作るにはまず顔写真が必要になる。漫画のキャラクターやネットから拾っていた写真を自分のプロフィール写真として使う人がいるがあれはNGだ。スマホのフォルダの中にある一番盛れてる写真を何枚かピックアップしてチョイスするのだ。顔写真だけではなく、カバー写真も設定しておいた方が良い。「この人おしゃれそう」、「この人カッコ良さそう」、「この人いいセンスしてるな」などと思われるようなものがいい。自分の乗ってる車の写真を自慢のように載せたりするのはあまり女性ウケは良くないから止めといたほうがいいだろう。

職歴や居住地、学歴くらいは埋めておいた方が良い感じに怪しくないプロフィールにできるからなるべく多くの項目を埋めておいた方が良い。ただ学歴や職歴に関しては大手の企業や役職、有名大学であればそのまま記入していいがあまり食いつきが良くないであろうものであれば書かない方が良い。女性がパッと見て好感度を持ってくれるようなプロフィールを意識するのだ。

タイムラインを充実させる

プロフィールが完成させてもまだ女性をアプローチするのは早い。何も写真もアップされてないタイムラインだとまだまだ怪しいアカウントとして認識されてしまう可能性があるのだ。このタイムラインには自分がアップした投稿や友人からのタグづけやコメントなどが反映される。何もアップされてないアカウントもそうだが、何年も昔の投稿だけしかなかったりするのも女性から見てあまり良い印象に映るものではない。

とはいえ、何も戦略なしにスマホフォルダに入ってる写真を次々にアップしたり外出する度にFacebookに投稿すればいいというわけではない。なるべくその投稿したものにイイネやコメントがつくようなものを意識するといい。Facebookに投稿してアップしたものにはイイネ数とコメント数が他の人からも見れるようになっている。更新頻度が高い割りにコメントもイイネもどちらもあまりついてないと、「この人周りからどんな感じに思われてるんだろ・・・」、「この人友達間であんまりいいポジションにいる人じゃなさそう・・・」などと思われてしまう。自分のキャラにもよるが、リア充っぽい写真に軽めの自虐的コメントを載せる感じがけっこう女性ウケがいいからおすすめだ。

ヴィジュアル系バンドの歌詞みたいなポエムっぽい投稿は誰にも共感されないどころか、「こいつやばいヤツじゃん・・・」とまで思われるから絶対にFacebookではNGだ。そういったポエムをどうしても発信したいのであればもっと匿名性の高いSNSを使った方が良い。

Facebookナンパを成功させるためにはまずプロフィールを完成させて、このタイムラインも充実させる必要がある。イイネ数もコメント数も周りから見れて、周りの友人はどんな属性の人が多いのか、友達は何人くらいいるのかなど色々と自分のパーソナル情報がはっきりと可視化できるFacebookでは、「怪しい」というように思われたらナンパをすることができないのだ。「良き友人にも環境にも仕事にも恵まれている」という要素が少しでも高ければ高いほどFacebookナンパはしやすくなる。

イイネと友達申請をしてからLINEへと移行する

プロフィールとタイムラインがある程度仕上がってきたら、気になる女性を見つけてアプローチをしていこう。まず自分の友人を片っ端から友達申請をしてくれ。そうすると「知り合いかも」という項目で友人の友人が何人もピックアップして出てくる。1回だけ会ったことがあるような女の子だったり、あまり仲良くない友達の共通の女友達であれば友達申請を送るのだ。ただ、これは全部が全部許可されるものではない。そもそもFacebookにそこまでログインしてない人かもしれないし、自分の知ってる人としか繋がりを求めてない人かもしれない。だから友達申請をして「許可されたらラッキー」くらいのモチベーションでいたほうが良いだろう。

何人かに友達申請を送って許可されたら、

「いきなりの申請だったにも関わらず許可して頂きありがとうございます!」

などと丁寧にお礼のメッセージを送っておこう。そしてそこから晴れてFacebook上で友達になった女の子の投稿に対してイイネやコメントをしていくのだ。その女の子の更新頻度にもよるが、全部の投稿ではなく投稿するものに対して50%~70%に対してなんらかのアクションを起こすといいだろう。女の子は承認欲求が高いから自分の投稿に対して反応があれば嬉しいし、イイネ数やコメント数は伸びれば伸びるほど喜ぶ。これを繰り返していくことで自分の存在をだんだんと認知してもらうことができ、少しずつではあるが距離を詰めることができる。

1回2回のイイネやコメントでは不審がられるが、何回かこちらから狙ってる女の子の投稿にイイネやコメントをして自分が投稿するものに対しても女の子からイイネやコメントがつくようになったらようやくLINEを聞くタイミングになる。

「いつもFacebookで美味しそうな写真見てます!なんか勝手にもっと仲良くなりたいなーって思ってメッセージしちゃいました。よかったら今度Facebook映えするところでお食事でもしませんか?」

みたいな感じで半分冗談半分本気のようなメッセージを送ってみて反応を探ってみよう。「いいですね!」、「インスタじゃなくてFacebook映えなんて言葉あるんですねwww」などと良い感じで返信がきたらあとはLINEを聞けばいいだけだ。

昔の女友達にもアプローチをする

基本的なFacebookナンパの方法は、上述した通りだがFacebookのいいところは現在はLINEや電話番号も知らない昔の友人とも簡単に繋がることができるところだ。共通の友達と遊んでたことでタイムラインに出てきたリすれば中学校や高校時代の女友達に気軽にメッセージを送ることができる。「めっちゃ久しぶりじゃん」、「まだ〇〇と仲良いんだね!元気してる?」などと送って簡単に繋がることができる。

Facebookがなければ今後一生交わることがなかった女だからそこまで気負いせずに、「久しぶり!まだ〇〇に住んでんの?今度ご飯いこうよ」などと軽い気持ちでご飯に誘ってみるといい。実際にFacebookがきっかけで付き合ったり結婚したカップルはかなりいるからどこかにチャンスが転がってるかもしれない。

Facebookナンパはあまりおすすめできない

ここまでFacebookナンパの方法をステップごとに解説してきたが、やはりただ単に女と出会ってセックスするといったことを考えるとあまりにも効率が悪い出会い方になる。Facebookはリア友もいるからなかなか行動しにくいというのも難点だ。おれは合コンで出会ったことで繋がった女の子の共通の友人である「知り合いかも」に出てくる女に片っ端からアプローチしてFacebookナンパを楽しんでいて、1人2人と順調に男女の関係になることができた。しかし3人目に狙った女の子と同じ流れでLINE交換打診したタイミングしたところ、「(おれのリア友)の友達のtatsuyaくんだよね?www ウケんだけどwww」とおれの地元の友達の友達と繋がってしまい地元グループでおれがFacebookナンパをしてることが一気に広まってしまった・・・。そこからはFacebookナンパどころかあまりログインすらしていない。

「学生時代に好きだった女の子とお近づきになりたい」、「Facebookから自然な流れで女の子と出会いたい」ということであれば止めはしないが、「Facebookナンパとか手段とかプロセスはどうでもいいからとにかく女と出会ってセックスしたい!」というのであればFacebookはあまりおすすめできるものではない。

Facebookナンパでセフレを探すより出会い系アプリで探した方が効率的!

Facebookは学生時代のなつかしい友人やリア友と楽しく気軽に繋がるためのSNSだからそもそもがナンパ向きのツールではない。効率よく女の子と出会い男女の関係になりたいのであれば出会い系アプリを使ったほうが何十倍も手っ取り早くセフレ候補と出会うことができる。おれはこれまでFacebookナンパだけではなく、Twitterを使ったオフパコ、ストリートナンパ、相席居酒屋、街コン、マッチングアプリなどあらゆる出会いの場から色んな女と出会い男女の関係へとなってきた実績がある。自慢ではないがこれまでパンツを脱がせた女の数は100から先は数えていない。

そんな正真正銘の自他ともに認めるヤリチンであるおれが、令和の時代で最も効率よく簡単にセフレを作れる出会いの場としておすすめできるのがこの出会い系アプリになるのだ。出会い系アプリは男だけではなく女も気軽に遊べるセックスパートナーを探してるやつが多いからどちらにとっても都合よく簡単にセフレを探すことができる。出会い系アプリに登録している女性会員はフリーの女もいるが、彼氏持ちの女や人妻も普通に登録している。最近は出会い系アプリよりもマッチングアプリの方が流行っているような風潮だが、出会い系アプリの方が匿名性が高い。身バレの心配がないからセフレを探すのには男にとっても女にとっても最高のツールなのだ。

「Facebook経由で女の子と自然と仲良くなりたい!」、「Facebookで無双したい!」という目的があるのであれば止めはしない。だが女と出会う手段はどうでもよくてとにかく手っ取り早く女と出会いセックスしたいのであればどう考えたって出会い系アプリを始めたほうが良い。

Facebookナンパより余裕でセフレを作れる出会い系アプリ3選!

ではFacebookナンパよりも簡単に効率よくセフレを作ることができる出会い系アプリを紹介していこうと思う。ここで紹介する3つのアプリはどれもおれが長年愛用し続けているものになる。

  1. PCMAX
  2. ハッピーメール
  3. ワクワクメール

この3つの出会い系アプリのどれかを利用すればFacebookナンパなんかよりも簡単に効率的にセフレ候補と出会うことができる。ではそれぞれのアプリの特徴を解説していこう。

PCMAX

会員数1,300万人
料金メール50円/一通
新規登録で無料ポイント(20通分)
運営会社株式会社マックス

まず最初に紹介するのはこのPCMAXという出会い系アプリになる。後述するLINEのスクショ付きの体験談に登場する23歳の携帯ショップ店員のセフレはこのアプリで出会うことができた。このセフレとはアプリで出会ってからその日にLINEに移行して、その次の日にセックスまで簡単にいくことができた。Facebookナンパであれば絶対に不可能な「出会ってから次の日にセックス」をいとも簡単に実現させてくれるこのPCMAXには本当に頭が上がらない・・・。つくづく出会い系アプリがある時代に生まれてよかったと思う。初回登録時にボーナスポイントが付与されるのだがそのポイントをうまく使えば1,2人くらいの女には簡単に出会うことができる。

ハッピーメール

会員数2000万人
料金1PT=10円
メール一通 5PT
運営会社株式会社アイベック

続いて紹介するのがこのハッピーメールという出会い系アプリになる。累計会員数は2000万人とマッチングアプリでもここまでの会員数のアプリは今のところない。ある程度の人口がいる街であればどこでも使えるからおれは出張が決まると事前に出張先の女をこのアプリで調達しておくことが多い。ハッピーメールも初回登録時にボーナスポイントが付与されるからそのポイントで1,2人くらいの女には簡単に出会うことができる。

ワクワクメール

会員数750万人
料金1PT=10円
メール 5PT/一通
運営会社株式会社ワクワクコミュニケーションズ

最後に紹介するのはこのワクワクメールという出会い系アプリになる。PCMAXとハッピーメーるに比べると会員数は少なく感じるがアクティブユーザーが多いから問題なくセフレ候補と出会うことができる。おれはこのワクワクメールで出会った女の数だけでも一般男性の平均人数のダブルスコアくらいは余裕で超えてるだろう。ワクワクメールも初回登録時にボーナスポイントが付与されるから1,2人くらいの女には簡単に出会うことができる。

Facebookナンパよりも簡単にセフレを作る方法

おれも愛用中のガチで出会える出会い系アプリを紹介しただけではなく、そのアプリを使って簡単にセフレを作る攻略法も合わせて解説していこうと思う。ここに書いてるステップ通りにしっかりと実践してくれればセフレの1人や2人なんて簡単に作れることを約束しよう。

  • プロフィール設計をして周りの男性会員と差別化を図る
  • プロフ検索から軽そうなセフレ候補を探す
  • 「掲示板(アポ待ち)」をうまく使いこなす
  • アプリからLINEに移行してアポをとりまくる

ではステップごとにそれぞれ解説していこう。

プロフィール設計をして周りの男性会員と差別化を図る

最初はどれかひとつでいいが紹介した出会い系アプリのどれかに登録をしてくれ。登録までであればどのアプリも無料だし、初回登録時に付与されるポイントだけでも1人2人とメッセージのやり取りをすることができる。

登録が完了してまず最初に行うのはこのプロフィール設計だ。少し手間はかけるがFacebookのようにタイムラインを充実させたり、女性の投稿にいちいちイイネやコメントをする面倒さは不要だ。出会い系アプリは上述したように男女ともに都合のいいパートナーを探してる人が非常に多い。とはいえ、何もパーソナルな情報が載ってない相手や顔が全くわからない相手とは「この人と会いたい」、「この人とセックスしたい」なんて思う人の方が少ない。出会い系アプリといえども最低1枚の顔写真は掲載する必要があるし、最低限のパーソナル情報を載せる必要があるのだ。

意識すべき点は女性会員からのメッセージの返信率を少しでも上げることだ。だからまずはFacebookのプロフィールと同様に、女性ウケの良い顔写真を用意してくれ。そのままFacebookの写真と同じものを使ってもいいが、身バレが心配であれば少しくらいのボカシや肌補正なんかの加工はしても問題はない。だがSNOWの鼻や耳が付くようなやりすぎ加工は絶対にNGだから注意してくれ。あとは明らかに自撮りと分かる写真も受け付けない女が多いから止めておいた方が良い。

女性ウケの良いおすすめの写真構図は、仕事ができる感じのスーツ姿、友人や仲間とサッカーやバスケなんかで汗を流してる姿(ジムでの筋トレはナルシストと思われるからNG)、友人の子供や姪っ子と戯れてる姿や抱っこしてる姿、BBQや山登りなどをしている姿あたりは好印象に捉えてくれる。顔写真だけではなく、おしゃれは店やカフェや旅行先での写真を1,2枚載せておくと「この人おしゃれな店とか美味しい店いっぱい知ってそう」、「この人と仲良くなったらいろいろ連れてってくれるかも」と良い感じに二人に未来を想像させることもできるから何枚か載せておくのもいいだろう。

とにかく女性ウケの良い顔写真を最低でも1枚掲載するのだ。写真の掲載が終われば次は自己PR文の記入に入る。ここの自己PR文を適当な文章にしてる男性会員が多いからこそ、しっかりと最低限のパーソナル情報と適度なユーモアセンスのある文章を載せるだけで差別化を図ることができるのだ。まずは反面教師にして欲しい、出会い系アプリに登録している男性会員のほとんどが書いてる自己PR文から紹介していこう。

自己PR文(悪い例)
はじめまして!まずは気軽に飲みいきましょー!

こういった1行のなんの情報もない自己PR文を書いてる男性会員はめちゃくちゃ多い。街でスカウトされるレベルのイケメンであればこれくらいの文章量でもいいだろうが、普通の男であればこんな文章では女性会員からのメッセージ返信率は低くなってしまう。

出会い系アプリ内でのメッセージは女性会員は無料なのだが、男性会員は1通5ポイント(50円)かかってしまう。1通にしたらそこまで高くは感じないかもしれないが、無作為にいろいろな女にメッセージを送りまくっては気づいたらポイントはすぐになくなってしまう。せっかくこちらから50円かけてメッセージを送るのであれば少しでも返信率を上げたほうが良いに決まってる。おれは何度も試行錯誤を重ねて使ってる自己PR文はこれくらいの文章量になる。

自己PR文(良い例)
はじめまして!札幌の広告代理店で働いてるtatsuyaと申します。
周りからは「EXILEとか三代目にいそう」などと言われますが全く踊れないから喜んでいいのかよくわかりません・・・。
おいしいご飯やお酒が好きなので仲良くなったらご一緒してください。よろしくお願いいたします!

この自己PR文は短すぎず長すぎずに丁度いい文章量というだけではなく、返信率を少しでもあげるための4つのポイントが練り込まれている。まずは最低限のパーソナル情報を載せること、「この人イケてる人っぽい」、「なんかこの人モテそうな感じする」といった雰囲気を出すこと、出会い系アプリを利用している目的はご飯に行ったり飲みに行ったりと実際に会うことというのをわからせること、下心を微塵たりとも感じさせないことの4つがひとつひとつポイントとなって女性会員からの印象を良くしてメッセージの返信率を上げることができる仕組みとなっているのだ。

相手も都合の良いセフレを探していたとしても、得体の知れない見ず知らずの男と最初に会うのはやはり多少なりとも恐怖感が生じるものだ。だからこそどの辺に住んでいるのか、社会的にしっかりとしている人なのか、どんな仕事をしているのかという部分は書いておいて、「この人は会っても大丈夫そう」という安心感を与えさせる必要がある。身バレが心配であればなにもここは本当の事を書く必要もない。おれも実年齢や住所や職業なんかはけっこういじっていることが多い。あらかじめ出会い系アプリ用のキャラを自分の中で設定しておき、何か聞かれたらすぐに返せるようにしておけばいいだけだ。

そして似ている有名人も載せておくことで、そこに食いついてくる女もいるし話しのネタになるから損はない。おれはヒゲが生えてるというだけでEXILEのメンバーにも三代目のメンバーにもジェネレーションズのメンバーにも誰にも似ていない。結構前に遊んだ女に1回だけ言われたから書いてるだけだが、けっこうこれを書くことで食いついてくる女がいるから採用している。そこまで似てなくても今まで言われて嬉しかった人気有名人がいれば書いておこう。

あとは「おいしいご飯やお酒が好きなので仲良くなったらご一緒してください。」というメッセージ性も重要になる。出会い系アプリの中には実際に男と会うつもりもなくダラダラとアプリ内でメッセージのやり取りをして暇を弄んでるメンヘラ女が混ざっている。こういった女に捕まってしまってはポイントだけではなく時間も無駄にしてしまうだけだから、「女性と会う事が目的」というメッセージ性を書いてこういったメンヘラ女をスクリーニングしておくのだ。

そしてこの自己PR文全体を通して下心を一切出さないようにしておこう。都合の良い相手やセフレ目的でこのアプリを使ってるようなニュアンスで自己PR文を書いてしまうと、例え相手も同じようなことを求めていたとしても不審がられてメッセージの返信率は下がってしまう。アプリ内ではある程度の誠実さがあった方が食いつきはよくなるからこれくらいの文章量にまとめて4つのポイントを織り交ぜて自分に合ったプロフィールを完成させてくれ。

プロフ検索から軽そうなセフレ候補を探す

女性ウケの良い顔写真を載せて自己PR文の記入が終われば、セフレ候補を探しにいこう。出会い系アプリはFacebookとは違い全く知らない女と簡単にコンタクトをとることができる。だが、いろんな女に片っ端からメッセージを送るのは得策ではない。上述しているが、男性会員はメッセージを送るのに5ポイント(50円)消費する。だからこそ返信率が高い女にだけこちらからメッセージを送るのだ。

まずはプロフィール検索で、好みの年齢や自分の活動エリアを選択して顔写真のある女性会員だけを一覧表示にしよう。顔写真を登録してない女はまれに可愛い子もいるがほとんどがデブスだからそういった趣味のあるやつ以外は顔写真は「あり」を選択しておいた方がいい。一覧表示された女性会員の中でセフレ候補として目ぼしい女を見つけたらメッセージを送るのではなく「いいね!」をまず押すのだ。この「いいね!」は1回1ポイント(10円)でできるから、メッセージの5分の1のポイント消費でいろんな女性会員にアプローチをすることができる。こちらからの「いいね!」に対して「いいね!」を返してくれたり、「いいねありがとうございます^^」などのメッセージをくれた女性会員に対して初めてこちらからもメッセージを送るのだ。そうすることによって相手がアプリを放置せずに使ってるアクティブユーザーであることがわかるし、返信率が高い女だけを相手にすることができる。

「掲示板(アポ待ち)」をうまく使いこなす

しっかりと女性ウケの良いプロフィールをに仕上げてから、プロフィール検索をして「いいね!」でポイント消費を節約した方法だけでもかなりの女と出会うことができるがこの掲示板(アポ待ち)も合わせて使うことでより効率的にセフレ候補と出会うことができる。後述するPCMAXの体験談に登場する携帯ショップ店員もこの掲示板(アポ待ち)を使って出会うことができた。

この掲示板(アポ待ち)というのは、ハッピーメールとワクワクメールでは掲示板という名前で、PCMAXではアポ待ちという名前になっている。機能は3つのアプリで全て同じのもので、異性に対してご飯のお誘いや趣味友を募るのに書き込み投稿ができ、その投稿を見た人がメッセージを送ってやり取りが始まるといった流れのものになる。

これがかなりめちゃくちゃ使える機能なのにも関わらず、大体の男性会員が上手く使いこなしていない。女性会員の書き込み投稿に対してメッセージを送るやつばかりで自分から書き込み投稿するやつが圧倒的に少ないのだ。女性会員の投稿に対してメッセージを送ってからやり取りが始まってそこから実際に会うことはできなくもないが、かなり競争率が高い上にタダ飯目的の高飛車女が多いからあまりセフレ候補としてのターゲットには不向きだ。女性会員の投稿に対してメッセージを送るのではなく自分からこの掲示板(アポ待ち)に書き込み投稿した方が断然使える。もうすでにプロフィールは女性ウケの良いものに仕上がってるからこの書き込みに関しては「時間が合ったら軽く飲みにいきましょー!」のような簡単なもので構わない。

掲示板もアポ待ちも機能が同じの上に、1日1回無料で書き込み投稿ができるという点も同じなのだ。アプリを併用すれば1日3回無料で投稿できる。もちろんアプリを併用して使った方が効率は上がるが1つのアプリでも1週間から10日ほど毎日書き込み投稿を続ければ女性会員からなんらかのアクションが来るだろう。そこからメッセージのやり取りを始めれば同じように返信率の高い女性会員にだけメッセージを送ることができるというわけだ。

この掲示板(アポ待ち)と上述したプロフィール検索を合わせて使い続ければセフレ候補を見つけることなんてFacebookナンパの何十倍もラクにできるだろう。しかも共通の知り合いがいないからリア友にバレたりする心配も全くない。ここで紹介したアプリはどのアプリも初回登録時にボーナスポイントが付与されるからそのポイントだけで何人かと出会うところまでは行けるから是非とも試してみてくれ。

アプリからLINEに移行してアポをとりまくる

アプリに登録してすぐに女性ウケの良いプロフィール設計、そして無駄なポイント消費を抑えながらプロフィール検索と掲示板(アポ待ち)でのアプローチを続ければセフレ候補と出会うことはFacebookナンパに比べるとかなりイージーに感じると思う。アプリ内でメッセージのやり取りを重ねた後は、LINEへと移行、アポ、セックスという流れになるかと思うが最初はとにかくいろんな女とアポを組みまくった方が良い。

最初はなかなかうまくメッセージのやり取りができなかったり、アポ調整がうまくできなかったり、アポまでいくけどなかなかセックスするとこまでいかなかったりとどこかのステップでつまづくこともあるかと思う。だが出会い系アプリにはかなりの女性会員がいるし、どんどんこれからも会員は増えていく。失敗してもFacebookのように身バレする心配もないし、続けていけばどんどんトークスキルや女の最終抵抗への切り返し方などのレベルも上がっていき男としての魅力がみるみるうちに向上していく。慣れるまではどれか1つのアプリだけでも問題なく出会えるが、ここで紹介した3つの出会い系アプリを併用すればセックスする相手を探すことなんかよりもセフレとのスケジュール調整の方が大変になってくるだろう。

PCMAXで出会ったセフレとの体験談

では最後におれがPCMAXで出会った携帯ショップ店員の23歳もえか(仮名)との体験談を当時の会話内容とアポまでのLINEのスクショ画像付きで紹介して締めようと思う。

上述している攻略法通りにアポ待ちで「時間合ったらご飯いきましょー!」と書き込み投稿をしてメッセージをくれたのがこのもえかになる。アプリ内で5回ほどのやり取りをしてその日のうちにすぐにLINEへと移行した。

おれがLINEに移行してまず行うのはアポの日程調整ではなく、敬語からタメ口へと切り替える作業だ。これはアポ前までにしておかないとアポで仲良くなるまでに時間がかかってしまうから先にタメ口になっておいた方が良い。このLINEスクショ画像を見てもらえばわかると思うが早い段階で、

「仲良くなりたいからこのタイミングで敬語やめましょー笑」

「もえかともえちゃんならどっちがいい??」

とポンポンと立て続けに送っている。おれはこの文言をスマホの辞書登録していて「な」と入力すればすぐに出せるようにしている。つまり出会い系アプリで出会ってLINEに移行した女には毎回これを使っているのだ。敬語のままアポ調整しては、どんどんタメ口への切り替えるタイミングが分からなくなってきてしまう。だからこそ何も考えずこのルーティンを使ってまずはタメ口へと切り替える作業から始めることをおすすめしたい。

敬語を取っ払ってアポの日程調整しようとしたところ、もえかが「明日なら」ってことだったのでアプリで出会ってから1日後にアポを入れることに成功した。出会い系アプリを使っていればこういったことはけっこうあるからい何歳になってもやめることができない。

アポ当日

仕事を終えて待ち合わせ場所へと向かった。LINEの様子だともえかはちょっと緊張してる様子だったが、会ってみると頑張って平静を装っていた。

おれ「お疲れー!」

もえか「お疲れ様ー!」

おれ「緊張してる?www」

もえか「恥ずかしいからあんま見ないでwww」

もらっていた写真からイメージしてた感じよりも小柄で可愛い女の子だった。待ち合わせ場所から予約していた焼肉屋までは徒歩で5分ほどの距離なのだが、急に雨が降り出してきたからコンビニで傘をひとつ買いふたりで相合傘をした。

おれ「なんかカップルみたいだね」

もえか「そだねwww」

おれ「でも逆にこえくらい距離近い方が緊張しないんじゃない?」

もえか「んー、たしかにさっきよりは落ち着いてきたかもwww」

おれ「ならよかったわー」

5分ほど相合傘をしながら歩き焼肉屋に着いた。まだ緊張してる様子ではあったがおれが話しやすい人というのは十分に植え付けることができた。ビールで乾杯をして適当に肉を注文した。

おれ「アプリで会ったことある?」

もえか「2人と会って今日3人目ー」

おれ「めっちゃ遊んでんじゃんwww」

もえか「いやそうゆーことじゃないもんwww」

おれ「前会った人どんな感じだったの?」

もえか「既婚者だったwww」

おれ「それ会ってから気づいた感じ?」

もえか「・・・うん、まぁそんな感じかなーwww」

おれ「会ってからじゃなくて、エッチしてから知った感じだ?」

もえか「ねぇ、ストレートすぎwww」

おれ「だって間の取り方とか表情が物語ってんじゃんwww」

もえか「エッチしてから結婚してること言われたwww」

おれはもうこの時点で勝ちを確信した。なんとなく押しが弱そうな子だし、アプリ経由で前に会った男ともすぐに関係を持ったことがわかればあとは信頼関係を築いて男らしくホテルへと誘えばいいだけだ。

おれ「でもやってからそんなこと言うの最低だね」

もえか「ほんとびっくりしたwww 全然いんだけどねwww」

おれ「いいんだwww」

もえか「彼氏ってゆうか暇だから使ってるだけだからねwww」

おれ「じゃあおれもさ、実は北海道出身じゃなくて沖縄出身だったってことをエッチした後に言ってもいいの?」

もえか「いや意味わかんなすぎるwww出身とかどうでもいいしwww」

酒も進み、下ネタ系の話しもしつつお互いの恋愛遍歴をして大体の人となりを知ることができた。L字型の席だったのだが、だんだんともえかとの座る距離をつめても嫌がる素ぶりを見せすことがなかったのでボディタッチもちょっとずつ増やしていった。最初に合った緊張感などはもう全くなく完全に仕上がったからお会計をして焼肉屋を出た。

おれ「雨やんだね」

もえか「ほんとだー」

おれ「相合傘したかった?」

可愛く微笑むもえかにおれは左手を差し出した。そのままおれの手を握ってきてくれたからおれはホテル街へと向かった。

おれ「まだ時間大丈夫でしょ?」

もえか「うん、終電までなら」

おれ「二人っきりになれるとこに行こ」

もえか「うん」

もえかは歩く方向からおれがどこに向かってるのかは察してる様子だった。無抵抗でホテルの部屋に入って終電が間に合う時間まで激しく愛し合った。やはり小柄な子はエロい子が多い。

出会い系アプリを使えば知り合ってから次の日にセックスすることなんてけっこうざらにある。もえかとは体の相性が合ったから最初に会ってからは2週間~1カ月の頻度で会う関係になっている。

まとめ

今回はFacebookの方法と、より効率的にセフレを見つけれる出会い系アプリを使った攻略法をおれの赤裸々なガチ体験談を交えて徹底解説してきた。Facebookを使ってナンパすることに楽しさを見出して時間と労力を惜しまずにできるやつはいいが、手段とかプロセスは関係なくいろんな女とセックスしたり、いつでも都合よくセックスできるセフレを作りたいというのであれば出会い系アプリの方がおすすめになる。ここまで読んでくれてありがとう。何かしらヒントになってくれたものがあれば幸いだ。

出会い系サイト&アプリランキング!

やりたい奴ら集まれ!出会い系サイト&アプリ歴5年の現役ネトナン師が選ぶ、本当に出会える出会い系ランキング。

おすすめの記事