インスタやtiktokなどの写真や動画を中心としたSNSが近年流行してるが、いまだ根強い人気があるTwitter。老若男女問わず利用してる人は多いと思う。おれもプライベート用とビジネス用のアカウントも持ってほぼ毎日のように使ってる。空き時間にサッとタイムラインを見るだけでも時間つぶしになるし、何か感じたり、思いついたら気軽にツイートできるからまだまだ当分廃ることのないツールだろう。

この便利なツールをツイートするだけではなく「Twitterを使ってセフレを作りたい!」、「オフパコしたい!」なんて思ってるやつも男であれば誰しもが思うことだと思う。そこで今回はTwitterを使ってセフレを作り方、効率よくセフレを作る方法について徹底解説していくから是非チェックしてくれ。

Twitterでセフレを作る方法

Twitterを使ってセフレを作るには3つのステップが必要になる。

  1. 趣味が合う人・活動拠点が近そうな人をフォローする
  2. フォローした人のツイートにいいねかRTをする
  3. ある程度絡んだらDMで直接連絡する

ではそれぞれ詳しく解説していこう。

趣味が合う人・活動拠点が近そうな人をフォローする

まずは趣味が合いそうな女、活動拠点が近そうな女をフォローしていこう。もしTwitterのアカウントが実名のものしかないのであれば新たなアカウントを作った方がおすすめだ。趣味が合い、近所であれば必然的にTwitter上でやり取りができるようになる。ハッシュタグをつけて検索したり、自分からも発信したほうが目に留まる可能性もあるからどんどんやった方が良い。ただし注意してほしいのはTwitterでオフパコしたすぎて鼻息が荒くなり、1日に何十人、何百人とフォローすることだ。1日に大量にフォローすると悪質アカウントだと思われ凍結される可能性がある。最低でも1日15人程度に留めるようにしてくれ。趣味が合いそうな女、活動拠点が近そうな女を100人くらいフォローしたら次のステップへ進もう。

フォローした人のツイートにいいねかRTをする

趣味が合いそうな女、活動拠点が近そうな女を100人くらいフォローしたらその女たちのツイートに絡んでいくのだ。いきなりRTやコメント付きRTをするのではなくまず最初は「いいね!」を押すようにしよう。経験があると思うが自分のツイートに誰かが「いいね!」をしてくれたら自分の発言に対しての承認欲求が得れる。誰が「いいね!」をしてくれたのかも通知がくるのでインフルエンサー並みにフォロワーが多い女ではない一般の女であれば「いいね!」を押してくれた人はどんな人なのかこちらのプロフィール画面までやってくる。全てのツイートに対して「いいね!」を押してはさすがにキモがられてしまい最悪ブロックされてしまう可能性があるが、適度に「いいね!」をすることでこちらの存在を意識させることができる。その狙う女のツイート数にもよるが1~3日に1回くらいの間隔がベターだろう。

そしてこちらの存在を意識させたあとはRT機能の出番だ。普通のRTではなくコメント付きのものの方が相手も絡んでくれる可能性があるから、女のツイートに対して共感してるコメントを書くのだ。「いいね!」を何回か押してるだけあってもうすでにこちらの存在には気づいてるし価値観も同じ人だという認識も持っている。女から絡んでくれるようになったり、相手からもフォローされたら完璧だ。時間はかかるがここまできたら次のステップへ進もう。

ある程度絡んだらDMで直接連絡する

いよいよ最後のステップになる。こちらから「いいね!」やRTするだけじゃなくこちらのツイートに対しても「いいね!」やリプライをくれるようになったらDM(ダイレクトメッセージ)の出番だ。Twitterでオフパコ狙いの男はステップを踏まずにいきなりこのDMを送るからうまくいかないやつが多いのだ。ある程度仲良くなっていてTwitter上のやり取りだけで割と近所に住んでるということがわかっている間柄であれば普通のメールのやり取りのような内容の文面で大丈夫だ。

「こんにちは!いきなりDMしてすいません・・・。何度かやり取りして親近感が沸いたのでDM送ってしまいました。僕もカフェ好きなんで今度一緒にいきませんか?」

このカフェという部分は自分の趣味に当てはめればいい。女がいろいろなカフェ巡りをしている子であれば女のツイートを全てチェックしてまだ行ってなさそうなカフェを提案したり、地道な努力をすれば成功率もおのずと上がっていくだろう。

Twitterでセフレを作るのは効率が悪すぎだし危険!

Twitterのセフレの作り方を3つのステップに分けて紹介したが、正直Twitterでセフレを作るのは効率的ではないし危険も伴う。おれは経験したことがないことは否定したくないから一度Twitterでのオフパコを試したことがあるが、かなり骨の折れる作業の連続で途中で挫折しそうになった。

おれはプライベートで友人と繋がってるアカウントとビジネス用で使ってるアカウントを2つ持ってるのだが、当然どちらのアカウントもオフパコ用に使うことはできないからまず新アカウントの開設から始めた。そして近所のカフェ好き、サッカー好きの女を次々と100人ほどフォローした。ここまでで余裕2週間くらいは経ってる。そしてフォローした女のツイートに「いいね!」やRTを繰り返し、5人の女にDMを送った。3人には無視されて2人の女とやり取りしてLINEまで移行して1人の女と実際に会うことができた。そこからは共通の話題もたくさんあるし会話も盛り上がったからすぐにセックスすることができたのだが、トータルで費やした時間は2カ月くらいかかった。割と近所で話しも合うから月1くらいで会うセフレ関係になることはできたが、こんなにも効率が悪いのであればもう二度とTwitterでセフレを見つけることはしない。おれはもうこのオフパコ用のアカウントは消去した。

おれも実践したことのある上述した3つのステップを地道に愚直に踏んでいけば、実際に会ってセックスすることはでいるだろう。しかしまじで面倒だからおすすめはしない。ある程度の発言権がありフォロワーが2000人以上とかいるのであればそのフォロワーにDMを送ればオフパコできるかもしれないが、実名とか顔出ししてるのであればそれもあまりおすすめはできない。

そしてよく「#セフレ募集」というようなエロい写真を載せてる女がいるが、そんな女とやり取りしたところで会えるわけがない。悪質サイトに誘導されるか、怪しいアカウントに次々にフォローされるだけだ。おれはこのオフパコ用のアカウントを消去する前に試しにこの「#セフレ募集」女をフォローしてみたのだが、やばそうな連中に次々とリフォローされた。こいつらは悪質なサイトに誘導したり、高額請求をしてくる類のギリギリ人間のクソ連中だから絶対に近づかない方が良い。

Twitterでセフレを探すより出会い系アプリで探した方が効率的!

Twitterでセフレを作るなら出会い系アプリでセフレを探した方が何倍も効率がいいし手っ取り早い。自慢ではないがおれはTwitter以外にもナンパ、相席居酒屋、街コン、合コン、マッチングアプリなどのあらゆる出会いから女をセフレ化した実績がある。経験人数は100から先は数えるのもやめた。そんなおれが一番効率良くセフレが作れる出会いの場として推奨するのがこの出会い系アプリだ。出会い系アプリは男だけではなく女も気軽に遊べるセフレ相手を探してるからどちらにとっても都合がいいのだ。フリーの女ももちろんだが、彼氏持ちの女や人妻の女だって普通に登録している。いま流行のマッチングアプリに比べ、出会い系アプリの方が匿名性が高いから身バレの心配なくこういったオールジャンルの女が集まってくるのだ。Twitterでどうしてもセフレが作りたいのであれば止めるつもりはないが、手段なんかどうでもよくとにかく気軽にいつでもセックスできるセフレが欲しいのであればこの出会い系アプリ一択だ。

Twitterより余裕でセフレを作るための出会い系アプリ3選!

ではそんなTwitterよりも余裕でセフレを作ることができる出会い系アプリを紹介しよう。ここで紹介するアプリはどれもおれが10年以上愛用し続けてるものだから自信をもって紹介する。

  1. PCMAX
  2. ハッピーメール
  3. ワクワクメール

この3つの出会い系アプリのどれかを利用すれば効率的に将来のセフレ候補と出会うことができる。ではそれぞれのアプリの特徴を解説していこう。

PCMAX

会員数1,300万人
料金メール50円/一通
新規登録で無料ポイント(20通分)
運営会社株式会社マックス

まず紹介するのはPCMAXという出会い系アプリになる。後述するLINEのスクショ付きの体験談に出てくる看護師のセフレもPCMAXで出会った。このアプリを介して出会ってきた女の数はまじで数えきれない。初回登録時にボーナスポイントが付与されるのだがそのポイントをうまく使えば1,2人くらいの女には出会うことができる。

>>PCMAXの口コミ評判はこちら

>>【R18】PCMAX無料登録はこちら

ハッピーメール

会員数2000万人
料金1PT=10円
メール一通 5PT
運営会社株式会社アイベック

2つめに紹介するのはハッピーメールという出会い系アプリになる。会員数は2000万人いるから日本全国どこにいても余裕で出会うことができるアプリだ。潤沢な予算で広告費を多大にかけてるから街中の看板や雑誌などで見かけたことがあるやつも多いと思う。これだけの会員数がいれば出会えない方が逆に難しい。

>>【R18】ハッピーメール無料登録はこちら

ワクワクメール

会員数750万人
料金1PT=10円
メール 5PT/一通
運営会社株式会社ワクワクコミュニケーションズ

最後に紹介するのはワクワクメールという出会い系アプリになる。PCMAXとハッピーメールに比べると会員数は劣るがアクティブユーザーは多いので普通に使える。おれはPCMAXとハッピーメールのサブとして使っていて、より効率的に出会いの場を増やしている。

>>【R18】ワクワクメール無料登録はこちら

Twitterよりも簡単に出会い系アプリでセフレを作るための攻略法

ではTwitterよりも余裕でセフレ候補と出会えるアプリを紹介したところで早速、出会い系アプリでのセフレの作り方を解説していこう。

  • プロフィール設計をして周りの男と差別化を図る
  • プロフ検索から軽そうな子を探す
  • 「掲示板(アポ待ち)」をうまく使いこなす

ではそれぞれ順々に解説していこう。

プロフィール設計をして周りの男と差別化を図る

ここで紹介した3つの出会い系アプリのシステムはだいたい同じものなので、まずどれかのアプリに登録してみてくれ。登録後いきなりセフレ候補を探しにいく気持ちもわかるが、まず最初にやることはプロフィール設計になる。無作為に女にメッセージを送りまくっても、何もパーソナルな情報を記載してない状態の男性会員になんて誰も返信はしてくれない。いくら匿名性が高い出会い系アプリだとしても、女は素性のわからない男とやり取りするのは怖い。だからまずはプロフィール設計をして少しでもメッセージの返信率を上げる必要があるのだ。

まず用意してほしいのは自分史上マックスに盛れてる顔写真だ。言わずもがなだがイケメンであればイケメンであるほど有利になる。ただ顔に自信がなくても大丈夫だ。スーツでバリバリ仕事できます感を出したり、ペットと戯れてる動物好きないいやつ感を出したり、仲間とフットサルやバスケやスノボなどでリア充感を出したりしてる写真があれば女は食いついてくる。とにかく自分の中で最大のポテンシャルを発揮してる写真を最低でも1枚は絶対に掲載するのだ。バレない程度の加工であれば問題ないが、犬の耳や鼻がついてるような加工がNGだからそんなセンスのない加工だけはやめてくれ。

顔写真が決まったら次は自己PR文になる。おれは長年出会い系アプリを使っていて少しでも女性会員からのメッセージ返信率を上げたいから他の男性会員がどのようなプロフィールに設定しているのかリサーチしたことがある。その中でめちゃくちゃ多かった自己PR文から紹介しよう。

自己PR文(悪い例)
はじめまして!よかったら仲良くしてください( `ー´)ノ

こんな感じの1文の何ものかなんだかよくわからない自己PR文がめちゃくちゃ多かった。モデルにでもなれるくらいのイケメンであればこれくらいの文章量でも女性会員を釣れるのだろうが、これではメッセージ返信率は低くなる。出会い系アプリは基本的にポイント課金制だから無駄な時間もコストも避けるにはやはりもう少し自分のパーソナルな情報を記載させて適度な文章量である必要がある。おれが何度もABテストを繰り返してたどり着いた自己PR文はこんな感じのものになる。

自己PR文(良い例)
はじめまして!プロフィール見てくれてありがとうございます。
札幌の広告代理店で働いてるtatsuyaと申します。
周りからは「LDHに所属してる方ですか?」、「EXILEとか三代目にいそう」とか言われますが全く踊れないから喜んでいいのかよくわかりません。
あまり出会いがないので友人の紹介で登録しました。
おいしいご飯やお酒が好きなので仲良くなったらご一緒してください!

あまり長すぎるのもよくないが、これくらいの文章量だと最後まで読んでくれるし、多少の安心感も一緒に抱いてくれる。ポイントとしては、仕事内容とだいたいの住所、あとは少しのユーモアと「この人イケメンかも??」っていう雰囲気をにじませればいいのだ。この自己PR文はかなり使える。著作権フリーだから名前や職業、似ている芸能人のくだりの部分を編集してこのまま使ってみてくれ。

プロフ検索から軽そうな子を探す

プロフィールが完成したら将来のセフレ候補を探しにいこう。各アプリで女性会員のプロフィールを、年齢や住まいなど自分の理想のタイプに条件を絞って検索することができる。顔写真掲載に関してもありかなしか選べるからそれは「あり」にしたほうが良い。顔写真を載せてないやつは学生時代クラスに1人いたクラスのデブスの確率が高いからそんなやつに時間とポイントを費やすのは無駄だ。顔写真ありの女性会員の一覧表示が出てきたらその中から自分のストライクゾーンに入ってる女を見つけよう。

「この女とやりてー」と思ってもいきなりメッセージを送るのはまだ早い。どのアプリも女はメッセージを無料で遅れて男は1通メッセージを送るのに5ポイント消費してしまう。これは1ポイント10円換算で1通のメッセージで50円かかる。返信がくるかわからない女相手に無作為にどんどんメッセージを送るとポイントがかなり消費してしまう。

いい感じの女を見つけたらメッセージを送りつけるのではなく、まず「いいね!」を押すのだ。この「いいね!」は1ポイントの消費で済むから最小限のポイント消費でいろんな女にアプローチすることができる。こちらからの「いいね!」に対して「いいね!」を返してくれたり、メッセージをくれた女に対して初めてこちらからもメッセージを送るのだ。そうすることによって格段とメッセージ返信率を上げることができる。そもそも登録後そのまま放置してる女性会員も多いし、ただの暇つぶしでアプリに登録してる女も多いからこういった自分からもちゃんとアクションを起こす女ということがわかるだけで相当選別できてることになるのだ。こういった女はしっかりと相手を探してるから、5通から長くても8通くらいのメッセージのやり取りでスムーズにLINEへと移行もしやすい。

「掲示板(アポ待ち)」をうまく使いこなす

プロフィール検索からの「いいね!」作戦だけでもセフレ候補を見つけることはできるが、この掲示板(アポ待ち)も賢く使えるようになればもっとも効率的に将来のセフレ候補と出会うことができる。後述するおれのPCMAXで出会ったセフレとの体験談に出てくる看護師はこの掲示板(アポ待ち)作戦で出会うことができた。

まずこの掲示板(アポ待ち)という機能なのだが、ハッピーメールとワクワクメールでは掲示板という名前で、PCMAXではアポ待ちという名前のものになる。異性とご飯や飲みにいったり、趣味友を探したりするのに自由に書き込みできる機能で、その書き込みを見た会員がメッセージを送ってやり取りする、といった便利なものになる。この便利な機能なのだが女性会員の書き込みに対してメッセージを送る男がほとんどになる。もちろんそういった使いかたもできるがあまりおすすめはしない。女性会員の書き込みにメッセージを送る場合だとやはり男が群がるからメッセージの返信率はかなり低い。

だから書き込みに対してメッセージを送るのではなく、自分で掲示板(アポ待ち)に書き込みをするのだ。ここで紹介しているアプリは3つとも1日1回無料で書き込みをすることができる。プロフィールをしっかり作り込んでおけばこの書き込みは簡単なものでかまわない。基本的に女は男性会員にメッセージを返信する時はプロフィールを見てからどんな男なのか確認した上でするから、「とにかく肉食べたいんで焼き鳥か焼肉いきませんか?」みたいな簡易なもので充分になる。最初の書き込みでいきなり女からメッセージがくる確率は低いが、毎日1回続ければ1週間ほどで2,3人の女性会員からなんらかのアクションがくるだろう。

このプロフィール検索からの「いいね!」作戦と掲示板(アポ待ち)作戦を使いこなせばTwitterなんかよりも圧倒的に簡単にセフレと出会うことができる。どのアプリも初回登録時にボーナスポイントが付与されるからまずはそのポイント分だけでも試してみてくれ。

実際に出会い系アプリで出会ったセフレとの体験談

この女はPCMAXで上述した掲示板(アポ待ち)作戦で出会ってセフレ化した26歳の看護師になる。おれがPCMAXのアポ待ち機能で「時間合ったら飲みいきたいですー!」と書き込んだ投稿に対してメッセージを送くれた。そこからアプリ内で5ラリーくらいのやり取りをしてLINEへと移行することができた。

お酒が飲めない子だったけどおれは関係なくオリオンビールを飲むつもりで沖縄料理に行くことになった。アポの日まで1週間くらいあったので一旦LINEを止めて前日に確認のLINEをしてアポ当日を迎えることに。

26歳看護師とのアポ当日

アポ当日がやってきた。仕事を片して待ち合わせ場所のすすきのラフィラへと向かう。約束時間の5分前くらいに看護師から到着の連絡。少し遅れて待ち合わせ場所に着くと事前にもらってた写メ通りの小柄で可愛い子が一人突っ立てた。

おれ「お疲れー!5分前行動できる子なんだねー」

26歳看護師「お疲れさま!たしかに割と時間は守るかもwww」

おれ「しっかりしてんだね、A型?」

26歳看護師「A型!え、なんでわかんの?www」

おれ「読み取ったwww」

26歳看護師「なんかの能力者なの?www」

おれは待ち合わせ場所から予約してる店までの時間を絶対に無駄にしない。店に着くまでの5分くらいの時間で女の緊張感を解き軽めの冗談をかわせるくらいの関係にまで持っていくように会話することを意識している。血液型のくだりは、コールドリーディングという心理学を基にしたテクニックで何気ない会話の中で相手はこういう人だと言い当てて「この人わたしのことわかってくれる」と思わせるものになる。おれはこの血液型を会話の中から当てたように見せたが、看護師はアプリのプロフィールにしっかりとA型と記していたのを事前に復習しておいただけで、あたかも待ち合わせに時間通りにきて少し話した感じでA型だということを読み取ったように見せたのだ。ツカミは成功してそのまま会話が途切れることなく予約していた沖縄料理屋に着いてオリオンビールとウーロン茶で乾杯した。

おれ「お酒全く飲めないの?」

26歳看護師「すごい弱いし赤くなるからさー」

おれ「そうなんだ。おれも赤くなるけど大丈夫?」

26歳看護師「全然気にしないでいいよーwww」

おれ「看護師って出会いないの?」

26歳看護師「ないのさー!先生と不倫してる人は多いけどwww」

おれ「病院の先生とやったことある?」

26歳看護師「んー、ノーコメントwww」

おれ「やってんじゃんwww」

26歳看護師「たぶんうちの病院やったことない人の方が少ないと思うwww」

おれ「札幌ハレンチ病棟だね」

26歳看護師「AVのタイトルみたいに言わないでwww」

おれ「もしかして、看護師ってのは嘘でAV女優なの?」

26歳看護師「違うからwww」

けっこう序盤で下ネタ系の話しに持っていくことに成功した。やはり最初の待ち合わせ場所から店まで向かう時に緊張感を取っ払いすぐに打ち解けたことがひとつの要因として考えられる。このまま下ネタ系の話しを続け「最後にセックスしたのはいつ?」という話題になり彼氏と別れた時期と最後にセックスした時期がずれてる事がわかった。この時点で今日セックスできることを確信したおれはどんどんギラついて飲み放題が終わる前にパイ揉みとディープキスするとこまでいくことに成功した。もうここまできたらあとはホテル搬送すればいいだけだ。

おれ「もうそろ時間だから出るかー」

26歳看護師「そだねー」

おれ「ここおれ払うからホテル代出してー」

26歳看護師「ホテル行くこと決まってたっけ?www」

おれ「家入れてくれんの?」

26歳看護師「あー、部屋いま汚いからじゃあホテルにする!」

そのまま手をつなぎ中島公園のホテル街へと向かった。出会い系アプリをやっていて男と会うということは女も今日どうなるかってことはなんとなくわかっているのだ。こちらがその流れを自然に作ってあげることができれば女に酒を飲ませることもなく二軒目にホテルへと向かうことができる。

ホテルに到着してお互いの服を脱がせ合い部屋の照明を調節して激しく抱き合った。騎乗位が一番好きらしくおれの上で上下左右に腰をグネグネと振って何回もビクンビクンと昇天していた。そこから体位を変えようとしたらそのままチンコを抜き取られ、強制的に手コキで口内発射させられた。

看護師はやはりエロい子が多い。夜勤があったり他にも男がいるっぽくてなかなかお互いの都合が合わないが最低でも月に1回くらいはホテル直で会うセフレ化に成功した。やはりどう考えてもTwitterより出会い系アプリを使う方が簡単で効率的にセフレを作ることができると改めて思える刺激的な夜だった。

まとめ

ここまで読んでくれたありがとう。今回はTwitterでセフレを作る手順を紹介してきた。Twitterでセフレを作ることは可能ではあるが、時間がかかるし危険な目に遭う可能性も考えられるからあまりおすすめはできない。「どうしてもTwitterでオフパコしたい!」という目標があるのであれば止めはしないが、手段は何でもいいけどとにかくセフレが欲しいのであれば出会い系アプリ一択だ。体験談で紹介したようなビッチ女がめちゃくちゃ登録してるから使いかたさえマスターしたらチンコ1本じゃ足りなくなるくらいセックスをすることができる。そこから相性の良い気に入った子をセフレ化すればいいだけだ。

出会い系サイト&アプリランキング!

やりたい奴ら集まれ!出会い系サイト&アプリ歴5年の現役ネトナン師が選ぶ、本当に出会える出会い系ランキング。

おすすめの記事