MENU
>>ナンパ師厳選!本当に出会える出会い系はこれ!<<

【体験談あり】ワクワクメールでセフレを作る方法を徹底解説!

2020 5/19
ワクワクメール
掲示板が充実!気軽に食事に行きたいならワクワクメール
女性:無料 男性:最大1,200円分のお試しポイントあり

出会い系アプリやマッチングアプリなどの男女の出会いを提供してくれるアプリが増えてきている。しかし、その中でも実際に出会えるアプリというのはごくわずかである。マッチングアプリはガチで婚活してる女性会員が多いからセフレを作るのであればあまりおすすめではない。今回紹介する「ワクワクメール」はセフレ作るのには最高のアプリになる。おれはこのアプリを愛用してからというもの、かれこれ10年以上の月日が流れている。ワクワクメールを使えばスマホひとつでセフレを量産することができてしまうおかげで、30歳を過ぎても未だに結婚願望が沸いてこないのは困ったものだ・・・。今回このページではワクワクメールを使って誰でも簡単にセフレを作る方法、そしておれが最近セフレ化した美容師の卵とのLINEスクショ付き体験談も合わせて紹介していくから是非チェックしてくれ。

目次

「ワクワクメール」とは?

「ワクワクメール」を利用してセフレを作るには、まずはこの「ワクワクメール」というアプリがどんなものなのかを知っておく必要がある。冒頭でも軽く触れているように「ペアーズ」や「with」などのマッチングアプリよりも簡単に効率的にセフレを作ることができる。

いろんな女とセックスするのではなく、結婚相手を探していたり、映画やドライブデートに行く相手を探したいのであればマッチングアプリの方が向いてるからこの先は読まなくてもいい。とにかくワクワクメールは男女ともに都合の良い相手を探してるやつが多いからセフレを作るのにはもってこいのアプリなのだ。会員数が750万人を超えていて、彼氏とは別のチンコを探してる女子大生や、旦那にだまってセフレを探している人妻なんかがわんさかと登録しているのだ。

おれはこの「ワクワクメール」を通して出会ってセックスまで至った女の数は100から先は数えていない。彼氏持ちの女や、毎日オナニーしまくってる看護師、セックスレスになって欲求不満の熟女などこれまでいろんな出会いを楽しんできた。ほんとに「ワクワクメール」にはお世話になりっぱなしだ。

20年ほど運営しているアプリになるからサポートも充実していてネットナンパ初心者でも安心して利用することができるのも魅力のひとつになる。新しいアプリがどんどん出てくる出会い系アプリ業界の中で20年近くトップを走り続けられるのは、やはり実際に出会うことができるアプリだという部分が一番大きいだろう。とにかく結婚前提でお付き合いするような彼女ではなく、セフレを作りたいのであれば「ワクワクメール」は必須のアプリになる。

「ワクワクメール」の料金システム

「ペアーズ」や「with」などのマッチングアプリは月額料金になるが、この「ワクワクメール」は前払いのポイント制システムになっている。初回登録時にボーナスポイントが付与されるのだが、そのポイントがなくなれば「1ポイント=10円」でポイントを購入する必要がある。ちなみに女性会員であれば、マッチングアプリ同様にすべてのサービスを無料で使える。「ワクワクメール」のアプリ内で消費されるポイントは以下の表をチェックしてみてくれ。

アクション料金
メール受信0ポイント(無料)
プロフィールの閲覧0ポイント(無料)
スマイル/伝言板のご利用0ポイント(無料)
募集する0ポイント(無料)
日記/つぶやき0ポイント(無料)
プロフを見る0ポイント(無料)
プロフ写真を見る2ポイント
動画を見る3ポイント
ボイスを聞く5ポイント
伝言板に書き込む(全員に公開)0ポイント(無料)
伝言板に書き込む(ひそひそメッセージ)2ポイント
メールを送る(メッセージのみ)5ポイント
メールを送る(メッセージ+画像)5ポイント
メールを送る(画像のみ)3ポイント
電話をかける(通常プラン)15秒=3ポイント
電話をかける(フリーダイヤルプラン)15秒=4ポイント
電話を受ける15秒=4ポイント
音声メッセージを聞く5ポイント
音声メッセージを送る5ポイント
いいかも!を送る2ポイント
募集詳細を読む1ポイント
募集する0ポイント(無料)
募集を最上位に掲載する5ポイント
募集画像を見る2ポイント
募集動画を見る3ポイント
画像付きの募集を読む2ポイント
アダルト動画・画像を投稿する0ポイント(無料)
アダルト画像を見る3ポイント
アダルト動画を見る5ポイント
アダルト音声を聞く5ポイント
パーティチャット:部屋を開設する0ポイント(無料)
パーティチャット:全体に発言する0ポイント(無料)
パーティチャット:女性にこっそりメッセージを送信する2ポイント
パーティチャット:男性にこっそりメッセージを送信する0ポイント(無料)
2SHOTチャット:部屋を開設する0ポイント(無料)
2SHOTチャット:女性と2SHOTチャットをする5ポイント
2SHOTチャット:男性と2SHOTチャットをする3ポイント

マッチングアプリでは月額料金さえ先に支払えば、ほとんどのサービスを利用することができるから女性会員のプロフィール写真を見まくったり、メッセージを送りまくったりしても課金される心配はない。ただ「ワクワクメール」はマッチングアプリではなく出会い系アプリだから料金システムは上記の表のような課金制になる。

メッセージを送るのには5ポイント、いいかもを押すのに2ポイントを消費するのだ。ただ、使いかたさえマスターしてしまえば登録時のボーナスポイントだけでも1~2人とLINE交換や実際に会うところまで行くことが可能だ。アプリ内で電話することなんてないし、チャットなんて機能も使うことなく会うことはできる。

最初のボーナスポイントがなくなったら自分のペースで100ポイント(1000円)から購入することができるからワクワクメールの使い方をマスターすればマッチングアプリよりもコスパよく使うことができる。マッチングアプリの月額料金の相場はだいたい3000~4000円ほどになるが、ワクワクメールの使いかたに慣れれれば100~2000円分のポイントで月に1~3人のセフレを作ることは可能だ。

ワクワクメールを使って効率的にセフレを作る方法

では「ワクワクメール」についてなんとなく理解したところでセフレを効率的に作る方法を解説していこう。ここに書いてる通りにステップごとにしっかりと実践すればセフレの1人や2人なんて簡単に作ることができる。

  • プロフィール設計をして他の男性会員と差別化を図る
  • プロフ検索からセフレ候補を探す
  • 「掲示板」をうまく使いこなす
  • アプリからLINEに移行してアポをとりまくる

ではステップごとにそれぞれ解説していこう。

プロフィール設計をして他の男性会員と差別化を図る

ワクワクメールに登録してからまず行うのはプロフィール設計になる。少し手間はかかるがここを疎かにするとアプリ内でのメッセージを返信率がガクンと下がってしまい効率的にセフレを作ることができなくなってしまう。だからこそ最初にしっかりと女性会員に刺さるプロフィールを設計しておく必要があるのだ。

ワクワクメールのような出会い系アプリには、男だけではなく女も都合のいいパートナーを探してる人がめちゃくちゃ多い。とはいっても、何もパーソナルな情報が載ってない相手や、顔写真の掲載がなくて顔が全然わからないような相手とは「この人と会ってみたい」、「この人とちょっとヤリたいかも」なんて思うわけがない。婚活目的ではなく浮ついた男女がはこびる出会い系アプリといっても必ず最低でも1枚の顔写真は掲載する必要があるし、最低限のパーソナル情報を載せる必要があるのだ。

意識すべきポイントは、女性会員からのメッセージの返信率を少しでも上げることになる。だからまずは女性ウケの良い顔写真を1枚用意するのだ。身バレが心配であれば、写真加工アプリを使って少しくらいのボカシや肌補正なんかの加工は加えてもいいだろう。ただ、男が加工アプリを使ってるというのは女からしたらけっこう引いてしまう行為になる。だから下の方の加工アプリはトリミングしてカットしたほうが良い。あとSNOWの鼻や耳が付くような、よく見るあのやりすぎ加工は絶対にNGだ。明らかに自撮りと分かる写真も「こいつナルシスト入ってんな」と受け付けない女が多いから止めておいた方が無難だ。

一般的に女性ウケの良い写真構図は、バリバリ仕事ができる風のスーツ姿、友人とフットサルやバスケをして汗を流してる姿、友人の子供や姪っ子と遊んでる姿や抱っこしてる姿あたりは好印象に映るからおすすめだ。あとは顔写真だけではなく、おしゃれはカフェや珍しいご飯、旅行先での写真を1,2枚載せておくと「この人いろんな店とか美味しい店詳しそう!」、「仲良くなったらどっか連れてってくれるかも!」と勝手に2人の未来を想像させることもできるから何枚か載せておくのも戦略としてはアリになる。

ちなみにおれは顔写真の他に海外旅行に行った際の写真と沖縄に行った時の写真を載せてる。こういった写真を載せておけば、「この写真って沖縄ですよね?わたしもそこ行きました!」、「これってどこの写真ですか?」などと写真が気になって食いついてくることもある。

とにかく女性ウケの良い顔写真を最低でも1枚掲載するのだ。写真の掲載が終われば、次は自己PR文の記入になる。ワクワクメールに登録している男性会員はここの自己PR文を適当な文章にしてるやつが多い。だからこそ、しっかりと最低限のパーソナル情報と適度なユーモアのある文章を載せるだけで他のライバルと差別化を図ることができるのだ。まずは反面教師にして欲しい悪い例から紹介しよう。

自己PR文(悪い例)
はじめまして!よければ気軽に飲みいきましょー^^

こういった1行だけのなんの情報もない、自己PR文を書いてる男性会員はめちゃくちゃ多い。というかほとんどがこんな感じになる。街を歩いていたらスカウトされるレベルの超絶イケメンであればこれくらいの文章量でもいいだろう。だが、一般的な普通の男であればこんな文章では女性会員からのメッセージ返信率は低くなってしまう。

「ワクワクメール」内でのメッセージは女性会員は無料なのだが、男性会員は1通5ポイント(50円)かかってしまう。1通50円って考えたらそこまで高くは感じないかもしれないが、いろんな女にメッセージを送りまくったら気づいたらボーナスポイントなんて一瞬にしてすぐになくなってしまう。せっかくこちらから50円かけてメッセージを送るのであれば少しでも女性会員からの返信率を上げたほうが良い。おれはワクワクメールで何度もABテストを繰り返し、試行錯誤を重ねていま現在使ってる自己PR文はこんな感じのものになる。

自己PR文(良い例)
はじめまして!札幌の広告代理店で働いてるtatsuyaと申します。
周りからは「EXILEにいそう」「LDH系だよね」などと言われますが全く踊れないから喜んでいいのかよくわかりません・・・。
おいしいご飯やお酒が好きなので仲良くなったらご一緒してください。
よろしくお願いいたします!

自己PR文というのは短すぎるのも良くないし、長すぎるのも相手の時間を奪ってしまうだけなのでどちらも極端なのは良くない。これくらいの文章量が相手に不快感を与えることのない短すぎず長すぎずに丁度いい文章量になる。それだけではなく、返信率を少しでもあげるための4つのポイントも練り込まれているのだ。

まずは最低限のパーソナル情報を載せること、「この人イケてる人っぽい」、「この人普通にモテそう。なんでアプリやってんだろ?」といった雰囲気を出すこと、出会い系アプリを利用している目的がご飯に行ったり飲みに行ったりと実際に会うことというのを相手にわからせること、下心を一切感じさせないことの4つのポイントが合わさって女性会員からの印象を良くしてメッセージの返信率を上げることができる仕組みとなっているのだ。

たとえ女も都合の良いセフレを探していたとしても、得体の知れない見ず知らずの男と最初に会うのはやはり恐い。だからこそどの辺に住んでいるのか、社会的にしっかりとしている人なのか、どんな仕事をしているのかという部分は書いてく必要がある。そして、「この人は会っても大丈夫そう」という安心感を与えさせなければならないのだ。身バレが心配であれば、住所や職業は本当の事を書かなくても問題はない。おれも年齢や住所や職業なんかはけっこういじっていることが多い。あらかじめワクワクメール用のキャラを自分の中で設定しておけばパーソナルの情報など別に何でもいいのだ。

そして似ている有名人も載せておくことも重要になる。ここに書いた有名人に食いついてくる女もいるし、話しのネタにもなるから書いておいて損は全くない。ちなみに、おれはヒゲが生えてるというだけでEXILEのメンバーにも三代目のメンバーにも誰にも似てなんかいない。けっこう前に遊んだ女に1回だけ言われたことがあるから書いてるだけだ。だが、これを書いてることによって、「え、LDH系好きなんですけど!笑」、「EXILEみたいな人好物!www」などと食いついてくる女がいるからそのまま採用している。そこまで似てなくても今まで言われて嬉しかった人気有名人がいれば書いておこう。

あとは「おいしいご飯やお酒が好きなので仲良くなったらご一緒してください。」という会う事を目的としているメッセージ性を書いておくことも重要になる。ワクワクメールに登録している女性会員の中には実際に男と会うつもりもなくダラダラとアプリ内でメッセージのやり取りをして暇つぶしをしているメンヘラ女が混ざっている。こういった女に捕まってしまってはポイントも時間も無駄にしてしまう。だからこそ、「このアプリを使ってるのはダラダラとメッセージを続けるのではなく、会う事が目的」というメッセージを書いておいて、こういったメンヘラ女をスクリーニングしておくのだ。

そしてこの自己PR文全体を通して下心を一切出さないようにしておこう。これがなんだかんだで一番重要なポイントになるかもしれない。都合の良い相手やセフレ目的でこのアプリを使ってるようなニュアンスで自己PR文を書いてしまうと、例え狙ってる女も同じようなことを求めていたとしても不審がられてメッセージの返信率は下がる。アプリ内ではある程度の誠実さがあった方が食いつきはよくなるから、これくらいの文章量にまとめて4つのポイントを織り交ぜて自分に合ったプロフィールを完成させてみてくれ。

プロフ検索からセフレ候補を探す

女性ウケの良い顔写真を載せて自己PR文の記入が終われば、早速セフレ候補を探しにいこう。だが顔写真を見て気に入った女性会員相手に片っ端からメッセージを送るのは得策ではない。上述しているが、男性会員はワクワクメールのアプリ内でメッセージを送るのに5ポイント(50円)消費する。だからこそ返信率が高い女にだけ絞ってこちらからメッセージを送るのだ。

まずはプロフィール検索で、好みの年齢や自分の活動エリアを選択して顔写真のある女性会員だけを一覧表示にしよう。顔写真を拡大しなければポイントは消費されないから安心して吟味してくれ。一覧表示された女性会員の中でセフレ候補として良い感じの女を発見したらメッセージを送るのではなく「いいかも!」をまず押すのだ。この「いいかも!」は1回2ポイント(20円)でできるから、メッセージよりも半分以下のポイント消費でいろんな女性会員にアプローチをすることができるのだ。

こちらからの「いいかも!」に対して「いいかも!」を返してくれたり、「いいかも押してくれてありがとうございます^^」などのメッセージをくれた女性会員に対して初めてこちらからもメッセージを送るのだ。そうすることによって相手がワクワクメールを放置せずに利用しているアクティブユーザーであることがわかるし、返信率が高い女だけにメッセージを送ることができる。

「掲示板」をうまく使いこなす

しっかりと女性ウケの良いプロフィールをに仕上げて、プロフィール検索をして「いいかも!」でポイント消費を抑えた方法だけでもかなりのセフレ候補と出会うことができる。だがこの掲示板も合わせて使うことで、より効率的にセフレ候補と出会うことができるのだ。後述する体験談に登場する、ワクワクメールで出会った美容師の卵ちゃんもこの掲示板を使って出会うことができた。

この掲示板というのは、「今からあそぼ」、「一緒にごはん」、「友達/恋人候補」などのカテゴリに分けられていて、異性に対してご飯のお誘いや趣味友を募るのに書き込み投稿ができるものになる。そして、その投稿を見た人がメッセージを送ってやり取りが始まるといった流れだ。

これがかなり使える機能なのにも関わらず、ほとんどの男性会員が上手く使いこなしていない。女性会員が掲示板に書き込み投稿したものに対してメッセージを送るやつばかりなのだ。自分からこの掲示板に書き込み投稿するやつは比べて見てみると圧倒的に少ない。

女性会員の投稿に対してメッセージを送ってからやり取りが始まって、そこから実際に会うことはできなくもない。だが、かなり競争率が高い上にタダ飯目的の高飛車女が多いからあまりセフレ候補としてのターゲットには不向きなのだ。女性会員の投稿に対してこちらからメッセージを送るのではなく、自分からこの掲示板に書き込み投稿した方が断然効率的になる。もうすでにプロフィールは女性ウケの良いものに設計されてあるからこの書き込みに関しては「時間が合ったら軽く飲みにでもいきませんか?」のような簡単なもので大丈夫だ。

この掲示板は1日1回無料で書き込み投稿ができる。だからできれば毎日夕方くらいに投稿することを推奨したい。さすがに1回や2回の投稿ですぐに女性会員からメッセージが来るのは難しいが、1週間から10日ほど毎日書き込み投稿を続ければ女性会員からなんらかのアクションが来る。そこからメッセージのやり取りを始めれば、「いいかも!」ローラー作戦と同じように返信率の高い女性会員にだけメッセージを送ることができる。

この掲示板での方法と上述したプロフィール検索を合わせてワクワクメールを使い続ければセフレ候補なんて簡単に見つけることができる。初回登録時にボーナスポイントが付与されるから、そのポイントだけで1~2人くらいのセフレ候補と実際に会うところまでは行けるから是非とも試してみてほしい。

アプリからLINEに移行してアポをとりまくる

女性ウケの良いプロフィール設計、そして無駄なポイント消費を抑えながらプロフィール検索と掲示板でのアプローチ。これを続ければまじでワクワクメールで無双できるし、百人斬りという男の夢だって実現可能だ。アプリ内でメッセージのやり取りを重ねた後は、LINEへと移行、最初のアポ、セックスという流れになるかと思うが最初はとにかくワクワクメールで出会った女とアポを組みまくった方が良い。

最初はうまくメッセージのやり取りができなかったり、アポのの日程調整がうまくできなかったり、最初のアポまではいくけどそこからセックストライするところまでもいかなかったりと、どこかのステップでつまづくこともあるかと思う。

だがワクワクメールの登録会員人数は750万人で、間もなく800万人にも届きそうな勢いで会員はどんどん増えている。失敗してもリア友や会社の人間に知られることもないし、続けていけばトークスキルや女の最終抵抗への切り返し方などのレベルも上がっていき、気付けば男としての魅力が勝手にどんどん向上していく。この攻略法を継続すれば、「アポまで行ったのにホテルグダを突破できない・・・」、「1回セックスしてもなかなかおかわりされない・・・」などの悩みから、複数人抱えたセフレとのスケジュール調整の方が大変になってくるだろう。

ワクワクメールで出会ったセフレとの体験談

では最後にワクワクメールで出会ってそこからセフレ化することに成功した体験談を書いて締めようと思う。掲示板に「札幌の方、飲み行きましょうー!」と毎日書き込み投稿を続けていたら5日目にようやくアクションがあった。その女性会員こそがこの体験談のヒロイン、21歳の美容師の卵のこゆき(仮名)だ。おれの書き込み投稿に対して、

「飲みいきましょうー!平日でもよければ行きたいです^^」

とメッセージをくれてアプリ内で5,6回のやり取りをしてLINEへと移行した。

美容師見習いだけあって金髪というのか銀髪というのかけっこう派手目な髪色をしている。ワクワクメールに載せていた写真はもうちょっと抑えめの茶髪だったのだが、職業柄いろいろと髪型やカラーを変えているのだろう。派手は髪色はあまり好みではないが、顔面がめちゃくちゃ可愛かったからそんなことは全然気になるレベルではなかった。とりあえずは焼肉に行くことを決めて、アポ日まで1週間以上空いたから一旦LINEをストップして当日を迎えた。

美容師見習いのこゆきとのアポ当日

LINE交換してアポの日程を決めてから1種間ほど過ぎいよいよアポ当日。仕事を片して待ち合わせ場所のすすきのラフィラへと向かう。

おれ「お疲れ!向かうわー」

こゆき「お疲れ様です!ドキドキしてきたwww」

ワクワクメールで会うのはおれが4人目らしいが緊張している様子のこゆき。先におれが待ち合わせ場所に着いたから作戦を考える。待ち合わせ場所近くでめちゃくちゃデブで服装もださいホストがキャッチをしていたからおれはこいつをいじってまずツカミをとることを企てた。可愛い子に対して「可愛い」と言うのは芸がないし、普段から言われ慣れてて何も響かない。まずはファーストインパクトで「この人いままでアプリで会った男と違う」と思わせることが必要なのだ。

こゆき「すいませーん、待ちました?」

おれ「え、だれですか?」

こゆき「え、あれ?tatsuyaさんですよね?」

おれ「人違いじゃない?それあの人じゃない?(デブホストを指さす)」

こゆき「いや、全然違うwww」

おれ「あ、ばれた?www」

こゆき「あの人だったらすぐ帰りますwww」

おれ「いやそれ失礼すぎでしょwww」

こゆき「あ、すいませんwww」

おれ「いやおれに謝るんじゃなくて、あのホストに謝ってきなー」

こゆき「いや無理無理www」

ツカミは成功した。よほどデブホストのルックスがツボに入ったのか焼肉屋に向かってる道中すっと笑っていた。相手の緊張感は早いうちに解いておいた方が当然、仲が深まる時間も短縮できる。予約していた焼肉屋に着きまずはビールで乾杯した。

おれ「アプリで会ったのって、おれで85人目だっけ?」

こゆき「いやそんな会ってないですwww」

おれ「あれ、何人って言ってたっけ?」

こゆき「3人と会ったから4人目ですwww」

おれ「そのうちの一人とはまだ連絡とってんだっけ?」

こゆき「はい。」

おれ「その人は何友なの?」

こゆき「んー、家でご飯食べて一緒にテラスハウス見る関係性www」

おれ「じゃあ、テフレってことだ?」

こゆき「テフレwwwやばいwww」

おれ「ご飯食べてテラハ見るだけ?」

こゆき「深堀りしすぎじゃないですか?www」

おれ「だって男と女がひとつ屋根の下にいたらフレンチキスくらいは普通するしょ」

こゆき「フレンチキスとかやめてくださいwwwいちいち言う事ツボに入るwwwチュウとかって言ってほしいwww」

深堀りしてみるとテフレ(テラスハウスを一緒に見るだけの友達)ではなく普通にセフレ(セックスもする友達)であることが判明。週1のペースで会ってるみたいなのだが、週に1回のセックスでは欲求を抑えることができず他の男も探しているらしい。これはもう2軒目挟まずともホテル直行案件確定。

おれ「いまは彼氏とかはいらない感じなの?」

こゆき「んー、彼氏はいらないかなー」

おれ「いま見てるテラスハウスって一番新しいシーズンのやつ?」

こゆき「そうだよ、東京編のやつ」

おれ「おれシーズン3くらいから見てないからちょっと見たい」

こゆき「え、いいよ見よ見よ!テラハ大好き!」

おれ「うちHULUとAmazonプライムしか入ってないからこゆきん家行っていい?」

こゆき「汚くてもいいならいいよーwww」

お会計をしてタクシーを捕まえてこゆきの家に向かった。テラスハウスをきっかけに女の家に行くのはこれが初めてだ。笑

こゆきの家に到着して、テラスハウスのハワイ編を見ることに。ソファで横並びに座って見ていたのだがおれはテラハに集中せずにこゆきとの体の接触面積を少しでも増やすことに注力する。全然逃げる気配がなかったのでそのままこゆきの肩に手を回した。嫌がるどころかおれの肩に頭を載せてきた。もう完全に仕上がってる。そのままこゆきの顔を覗いてチュウをした。こゆきの目つきは変わり完全にスイッチが入ったのがわかった。フレンチキスからディープキスまでに移行するまでは1秒と掛からなかった。

こゆきの家はワンルームタイプだったからソファの後ろにすぐベッドがある。そのままお互いの体をまさぐりながらベッドへと移動。こゆきの服を脱がせて上半身から愛撫。

こゆき「あぁっ!」

こゆきの甲高い喘ぎ声が部屋中に響きわたった。そしてすかさず横の部屋からドンっと壁を叩く音も聞こえた。

おれ「隣の人にこゆきの喘ぎ声聞こえちゃったね」

こゆき「下も舐めて」

こゆきは本能の赴くままに生きている。隣人迷惑なんておかまいなしだ。パンツを下ろしてこゆきの注文通りにクンニ。

こゆき「あぁん!あぁっ!」

さっきよりも大きい喘ぎ声。当然、隣人は壁を叩いてくる。笑

こゆきが隣人に対して気にするようならプレイを止めるつもりだったが一切気にしてない。だからおれも気にせずおかまいなしに挿入。膣の締まり具合は最高、だが隣人の壁叩きのせいでいまいち気分が乗ってこない・・・。

おれ「隣うるさいから風呂場いかない?」

こゆき「うん、いいよー」

こゆきと繋がったまま駅弁スタイルで風呂場へと向かった。一旦抜いてバックから挿入。ピストンの速さに合わせてこゆきの喘ぎ声が風呂場に響き渡る。セックスだけに集中できる空間になった瞬間に興奮度が増してそのままバックで果ててしまった。

ベッドに戻って少し休憩してテラハを3話ほど見てこの日はこゆきの家を後にした。それからはこゆきの家でテラハのハワイ編を見てからセックスするのに週1で通っている。

まとめ

今回は出会い系アプリのワクワクメールを使ったセフレの作り方についておれの体験談も交えながら徹底解説してきた。セフレを作りたいのであればとにかくワクワクメールをインストールしてボーナスポイント分だけでも試してみてほしい。ここに書いた通りに実践してもらえれば1人くらいは会うことはできる。他にも出会い系アプリのような類のものはいろいろとあるが、セフレを作りたいのであればワクワクメール一択になる。ここまで読んでくれてありがとう、君の検討を祈る。

*セフレを量産したい人向け*

やりたい奴ら集まれ!出会い系サイト&アプリ歴5年の現役ネトナン師が選ぶ、本当に出会える出会い系ランキングを公開。

この記事を書いた人

札幌在住のアラサー恋愛マスター。パンツを脱がした女の数は100から先は数えていない。ナンパもネットナンパも相席バーでも女と出会うためならなんでも行うオールラウンダー。どれだけ女を抱こうがまだ見ぬ女のパンツを脱がせる瞬間を求めて今日も街へと繰り出す。

コメント

コメントする

目次
閉じる